[プロ野球]
佐野慈紀「色濃くなった混戦のパ&2強4弱のセ」

 プロ野球では交流戦の全日程が終了し、21日からはペナントレースが再開しました。今年の交流戦の覇者は福岡ソフトバンクでした。2位以下を見てみると、東北楽天、巨人、千葉ロッテ、オリックス、北海道日本ハムと、上位6チーム中5チームをパ・リーグが占めました。率直な感想を述べれば、昨年までと同じく、どんどん勝負しにいくパ・リーグのピッチャーに対して、セ・リーグのバッターが受け身になっていたように思います。パ・リーグはピッチャーを中心とした守りが安定していたからこそ、攻撃にも勢いがあったのでしょう。

 なかでも一番の勢いを見せたのが、2年ぶりに優勝したソフトバンクでした。交流戦前はなかなかチームがかみ合っていませんでしたが、交流戦に入ってようやく“ソフトバンクらしい”展開の早い野球が見られるようになりましたね。もともと力のあるチームですから、交流戦をきっかけに、まとまり始めた感じがしています。

 特にクリーンナップの3人、内川聖一、松田宣浩、長谷川勇也は交流戦の打率ベスト3を独占し、まさにチームの柱としての働きをしていましたね。そのなかでも5月末から4番に座る松田の存在は大きいと思います。もともとチャンスに強いバッターですから、彼を軸にすることによって、周りの選手が「松田につなげばいい」という気持ちになることができているのです。また、たとえ負けても気持ちの切り替えの早い選手ですから、崩れる心配がありません。ですから、安心して4番を任せることができているのでしょう。

 その3人の中でも交流戦で最高打率(4割1分8厘)をマークしたのが、長谷川でした。彼の能力の高さは誰もが認めるところで、私自身は一昨年あたりから「この選手、一皮むけたら面白い存在になるだろうな」と密かに期待していた選手でした。これだけの成績を残せているのは、以前のようにボールを追いかけることなく、自分のタイミングやポイントで打てるようになっているからです。今後、ますます楽しみですね。