[BCリーグ]
福井・酒井忠晴監督「後期に向けての課題」

 前期も残すところ、あと5試合となりました。福井ミラクルエレファンツは7勝20敗4分で、北陸地区の最下位という成績です。選手はやるべきことを必死にやっているのですが、ここまではなかなか私が考えていた、ピッチャーを中心に固い守りで締まった試合という展開の野球ができていません。

 攻撃に関しては、実力からすれば昨季よりも得点力がアップしています。しかし、昨季はリーグ2位の30盗塁をマークした金森将平(福井高-三菱自動車岡崎)がマークが厳しくなっていることもあり、昨季のように走ることができず、機動力を使うことができていないことが、大きく響いています。

 その中で、チームで唯一の打率3割台をマークしているのが、新人の森田克也(愛知啓成高-愛知学院大)です。結果を残せている最大の要因は、強引に引っ張らずに、素直にバットを出していることです。おそらく森田は配球をきちんと自分なりに考えて打っているのでしょう。せっかく森田が当たっているのですから、彼をいかした打順を組むことが、後期に向けた課題でもあります。

 逆に、昨季は後期から加入し、チームにいい刺激を与えてくれた小林恭兵(会津工-会津ベースボールクラブ-群馬ダイヤモンドペガサス)は、今季は攻守ともにうまく波に乗れていません。私自身、彼には大きな期待を寄せていたのですが、なかなか結果が残せていません。特に苦戦しているのは守備です。彼は守備範囲が広いので、今季はショートに抜擢したのですが、ミスが多く、それが失点につながることも。そうなると、マジメで責任感の強い性格上、余計にプレッシャーを感じてしまっているのでしょう。

 また、私はよく「考えて野球をしなさい」と言っているのですが、逆に彼は難しく考え過ぎているのかもしれません。これまでは本能だけで野球をやっていた小林は、頭で考えるようになった途端に、気持ちと身体の動きが一致していないのでしょう。もう少し、考えをシンプルにする必要があります。