集中連載「橋下徹とメディア」 第2回
「囲み取材」という放談会が生んだ「従軍慰安婦」発言 【後編】

韓国、アメリカ、フランスなどの外国メディアを含め、120人超の報道陣で大混乱となった5月24日の囲み取材 (筆者撮影)

取材・文/ 松本創(ジャーナリスト)

【前編】はこちらをご覧ください。

「誤報」発言をなぜ問わないのか

 囲み取材をこの目で見てみたい、そして、橋下と在阪メディアの関係を検証する必要があると私が考えたのは、例の「従軍慰安婦」発言から1週間も経ってからだった。実を言えば、最初の発言そのものにはさほど関心を払わなかった。彼ならそういうことを言うだろうな。そう思っただけである。

 居酒屋あたりで居合わせたおやじ客に、マッチョで身勝手な下卑た話を聞かされたような不快感は少なからずあったが、過去の発言や振る舞いを見れば、彼の人間観や女性観、人権感覚とは「そういうもの」であろうことは想像できる。発言内容の是非はともかく、「異論や批判を恐れず"本音"を率直に語る」物言いやキャラクターが彼の身上であり、それゆえ一部の人びとに熱狂的に支持されてきたことも知っている。

 それに5月13日の発言全文を詳細に読み、会見の動画を見てみると、文章構造上の解釈や含意の受け取り方はさまざまあるとしても、巧妙に表現を選んでいるように見えた。問題の発言箇所は、記者の一つの質問に対し、10分以上もかけて持論を述べ立てる中にあった。

 「認めるところは認めて、やっぱり違うというところは違う。世界の当時の状況はどうだったのかってこと、やっぱりこれは近現代史をもうちょっと勉強して、慰安婦っていうことをバーンと聞くとね、とんでもない悪いことをやってたっていうふうに思うかもしれないけども、当時の歴史をちょっと調べてみたらね、日本国軍だけじゃなくて、いろんな軍で慰安婦制度っていうものを活用してたわけなんです。

 そりゃそうですよ。あれだけ銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命かけてそこを走っていく時にね、そりゃあそんな猛者集団と言いますか、精神的にも高ぶってるような集団をやっぱりどこかでね・・・その、あのー・・・まあ休息じゃないけれども、そういうことをさせてあげようと思ったら、慰安婦制度っていうのは必要なのは、これは誰だってわかるわけです」