サッカー
コンフェデ杯でグループリーグ3連敗に終わった日本代表を見つめる視線は厳しくあるべきだ!
〔PHOTO〕gettyimages

 ビジネスマンの皆さんのなかには、寝不足の方が少なくないのではないでしょうか。サッカーのコンフェデレーションズカップが、地球の裏側のブラジルで開催されているからです。現地時間に合わせると完全に昼と夜が入れ替わるわけですから、大変な思いをしている方もいることでしょう。

 私は現地でテレビの解説をしているため、日本とブラジルの間に横たわる12時間の時差は関係ありません・・・と、言いたいところですが、仕事のやり取りは日本時間に合わせますから、早朝に電話を受けたりします。なかなか大変ですが、国際大会の現場にいる高揚感は疲れを吹き飛ばしてくれます。

どれだけリスクを冒せるか

 コンフェデレーションズカップには、各大陸選手権の優勝国かそれに準ずる成績を残した国に加え、来年のワールドカップを開催するブラジルがホストとして出場しています。ブラジル、ウルグアイ、スペイン、イタリア、メキシコといった強豪国が集う少数精鋭の大会ですから、ワールドカップに比肩するハイレベルな攻防が繰り広げられています。日本が戦ったグループリーグは、ワールドカップなら間違いなく"死のグループ"と言われたでしょう。

 サッカーのリーグ戦は、日本でも海外でも週末に1試合が基本です。しかし、2週間で優勝国を決めるコンフェデ杯では、中2日から3日のペースで最大5試合をこなさなければなりません。しかも、ヨーロッパ主要リーグでプレーしている選手は、長いシーズンが終わったばかりです。日ごろから鍛えられた選手たちでも、肉体的な負担はかなりのものがあるでしょう。

 日本について言えば、ワールドカップアジア予選とはまったく次元の違う戦いでした。格上の相手が、日本をしっかりと分析してくるのです。自分たちの良さを出すことは、いつも以上に難しくなります。

 しかし、そのなかで勝点をあげなければ、世界の頂点は見えてきません。そういう意味で、今大会の日本の戦いぶりは興味深いものがありました。

 ブラジルとの開幕戦は、メンタル的に受けにまわったことが完敗を招きました。対照的にイタリアとの第二戦は、アグレッシブな姿勢が接戦を生み出しました。試合展開としては、イタリアには勝ち切らなければいけなかったですが・・・。

 この2試合を戦術的観点から分析すると、「仕掛ける」ことの重要性が浮かび上がります。日本のパスサッカーは世界で通用すると言われますが、ボールを回しているだけでは相手は怖くありません。

 大切なのは、どれだけリスクを冒せるか。リスクを冒すタイミングを、見極められるかです。

 ブラジル戦の攻撃は、具体性に欠ける企画書のようでした。派手なタイトルはついているけれど、費用対効果の見通しは曖昧で、どのように企画を成功させるのかという実効性に乏しい。日本代表にとっての企画、つまりブラジルから勝点を奪うために必要なチャレンジもリスク管理も、最後まで徹底されないまま試合が終わってしまいました。

 イタリアとの第2戦は、まったく違う表情をのぞかせました。ワールドカップ優勝経験を待つ強豪に臆することなく立ち向かい、前半途中にして2対0とリードしました。その後の試合展開は詰めの甘さを残しましたが、3対4という撃ち合いはスリル満点でした。日本とは別グループの解説を担当していた私も、「イタリア戦の日本は素晴らしかったね」と何度も声をかけられました。

 ところが、メキシコとの第3戦はブラジル戦に逆戻りです。ゴールまでの道筋が具体化していないサッカーは、結論のない企画書のようでした。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら