[ボクシング]
杉浦大介「最強王者・メイウェザー、近年最大の一戦へ」

最高のカードが9月に決定

カネロ戦はメイウェザーにとっても厳しい試合になると考える関係者も少なくない。

「9月14日の対戦相手に“カネロ”アルバレスを選んだ。ファンの願いに応えるつもりだ。MGMグランドで試合を行なうよ」

 5月29日の夜、無敗の5階級制覇王者フロイド・メイウェザーは自身のツイッター上で次戦についての報告を行った。その直後、情報は瞬く間にアメリカ中を飛び交い、ボクシングファンを騒然とさせることになった。

 サウル・“カネロ”アルバレスは、42勝(30KO)無敗1分という戦績を誇るWBA、WBC世界スーパーウェルター級王者。現役最強王者と22歳の新星の対戦は、マニー・パッキャオの勢いが止まった後、考え得る限り最高のカードと考えられていた。その一戦が、152パウンドの契約ウェイトで、9月14日にラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行なわれることになったのである。

 このビッグファイト決定のニュースに、多くの関係者、ファンは驚かされることになった。メイウェザーが5月4日にロバート・ゲレーロとのWBC世界ウェルター級タイトル戦に圧勝して以降、カネロ側が対戦を熱望していたのは事実だ。だが、早期実現は難しいというのが一般的な見方だった。

カネロはメキシコ、アメリカ東海岸で絶大な人気を誇る。

「メガケーブルテレビ局ショータイム(SHO)と6戦の大型契約を結んだばかりのメイウェザーが、その2戦目で最高の興行価値を誇る相手と戦うわけがない。万が一にも負けるようなことがあれば商品価値に大ダメージだし、対戦を受けるにしても、もっと後にとっておくはずだ」

 筆者もある記者仲間からそんな話を聞かされたことがあった。それ以外にも、この試合の実現に悲観的にならざるを得なかった理由は枚挙に暇がない。

“リスキーな相手を避けてきた”との批判にさらされることも多いスピードスターが、今が旬でナチュラルな体格でも上回られているヤングガンの挑戦を受けるだろうか? 2008年以降は1年に1戦以上こなしたことがなかった最強王者が、前戦からわずか4カ月後に本当に試合を組むのか?