サラ・グリーンEmpact最高執行責任者
「アントレプレナーシップで人生を豊かに、社会にインパクトを」

Empact
パートナー&COO・サラ・グリーンさん
米国ノースカロライナ出身。2009年州立アパラチア大学卒。2009年から現職。ワシントンDC在住。大学時代に、ウガンダでのアントレプレナーシップ・プログラム、アイセックのアパラチア支部設立、High Country Global Opportunities Conferenceの創始により、Student Entrepreneur of the Year Awardにノミネートされる。また、活動を認められ、The Sarah Green Scholarship for the Advancement of Social Entrepreneurshipと大学が新設した奨学金に名を冠された。2011・2012年にオバマ大統領によりアントレプレナーシップにおけるヤングリーダーの一人として認められる。2013年サンガレン(St Gallen)シンポジウムに"Global Leader of Tomorrow"として参加。

 本連載では日本に限らず世界で活躍する女性起業家を紹介します。第五回目は、米国を中心に若者へのアントレプレナーシップ(起業家精神)の啓蒙に取り組むEmpactの COO(最高執行責任者)サラ・グリーン(Sarah Green)さんの登場です。

 今回はインタビュー本文に入る前に、事業の説明をしておきたい。Empactは、起業のカルチャーに触れるプログラムやサービスを提供し、各地のコミュニティで若者にアントレプレナーシップを啓蒙しているソーシャル・エンタープライズ(NPOでなく営利企業)だ。

 Empactは、この6年で大学や商工会議所ほかで、1000の講演を含む500のイベントを開催している。全米の大学等をまわるExtreme Entrepreneurship TourVirtual Speaker Seriesなどのイベント・講演を実施。講師を紹介するサービスEmpact Connectも提供している。若者に対して若手起業家のストーリーを伝え、アントレプレナーシップを称え啓蒙する活動だ。

 また、米国の35歳以下の主な起業家をマッピングするEmpact ShowcaseとShowcaseの中からベスト100を選出するEmpact100 Listで、若い起業家を称えている。アントレプレナーシップ教育や支援に関わるリーダーが集うEmpact Summitを開催。若手起業家の会員制コミュニティEmpact Sphereを運営。若手起業家のハブとなっている。

アントレプレナーシップの見方を変え、次世代のリーダーを

 アントレプレナーシップには、様々な捉え方があります。雇用をつくるとか次のザッカーバーグになるといった意味だと思っている人も多いでしょう。よくイノベーションや経済価値が注目されますが、お金儲けだけでなく、世界を変えるとった、ポジティブなインパクトを創造することへのフォーカスも大切です。

 アントレプレナーシップは自分の仕事だけでなく、社会的に責任を持つ世界市民として、違いを生み、世界にポジティブなインパクトをもたらすものです。Empactは、情熱、目的、幸福とともに生きるよう個人を力づけ、人生の真のポテンシャルを開花させることで、メンタル面とファイナンシャル面の貧しさを解決することを目的としています。

 フランクリン・ルーズベルトの言葉に、「若者のための未来をつくることは必ずしもできないが、未来に向けて若者をつくることはできる」というものがあります。今の世の中には、次世代のリーダーたちへのアントレプレナーシップ的マインドセットという大切なものが抜け落ちがちです。

 世間の見方を変え、マインドセットを育み、アントレプレナーシップが現実的な選択肢の一つだと気付かせるのです。若者たちに、若い起業家の社会的意義を認識させれば、マインドセットを醸成し、起業家精神を自分の夢を実現するひとつの道として捉えるきっかけとなります。

 ベンチャー先進国の米国でも、起業家となることを自分のこととして捉えている人はごく少数だ。学生のうちから、人生の選択肢の一つとして考えさせることには意義がある。しかもEmpactは、自分のメンタルの豊かさや、社会的な意義を認識させ、心へのアプローチを重視しており、教育的な視点からも評価されている。

 例えば、500 StartupsやBullpen Capitalが投資しているLife360のように、イケてるスタートアップがEmpact Showcaseに入っており、ただ数を集めただけではなく内実も伴ったものになっている。このあたりは、米国の起業家の層の厚さがベースになっている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら