読書人の雑誌『本』
「ツール・ド・フランス」著:山口和幸
ツール・ド・フランス 第100回大会に注目

というと、ムッシューはツール・ド・フランス自転車大レースをご存知ない?

 これは児童書『くまのパディントン』(マイケル・ボンド著)シリーズのうち1970年に翻訳書が初版発行された『パディントンフランスへ』のなかに登場するセリフ。物語ではその後、三輪車に乗って選手気取りのパディントンが大集団に巻き込まれ、ツール・ド・フランスのスプリント賞を獲得してしまうという奇想天外な話が展開される。実際のツール・ド・フランス報道に携わって四半世紀になるボクが、最初にこの大会の存在を知ったのはこの児童小説というわけだった。

 世界の1番と2番とでは、残念ながら知名度はまったく違うものだ。「ジロ・デ・イタリアを知らなくてもツール・ド・フランスは知っている」という日本人は多いはずだ。どちらも23日間をかけてその国土を一周する自転車ロードレースだが、バカンス時期となる7月のフランスで開催されるツール・ド・フランスこそ、まぎれもなく世界最高峰の自転車レースなのだ。

 競輪が陸上競技の100m走に相当するとすれば、ロードレースはいわばフルマラソンだ。ツール・ド・フランスに出場するプロロードレーサーたちは毎日フルマラソンを走り、それを23日連続でこなしてしまう。一日ごとに行われる「ステージ」とフルマラソンはほぼ同じ運動量なのだが、それではなぜ自転車選手がフルマラソンを23日連続でできるのかと言えば、使用する自転車という機材が見事なまでに効率よく、体にストレスを与えずに運動をこなすことができるからに他ならない。

 一歩ごとに路面からの衝撃を受けるランニングに対して、自転車はペダルを回すだけなので足腰の負担が飛躍的に軽減される。体重もサドル、ペダル、ハンドルに分散されるし、ペダル回転を自らの意思で制御できるので運動の強さもコントロールしやすい。健康増進のためにスポーツを始めようかなという人がいたら、ボクはなんの迷いもなくサイクリングをオススメしたい。

 さて、ツール・ド・フランスがどんな競技であるのかを簡単に説明するならば、真夏のフランスを23日間かけて一周し、その所要時間が最も少なかった選手が総合優勝者となるレースということだ。毎日のレース後には表彰式が行われ、その時点で首位となった選手に黄色いリーダージャージ、「マイヨジョーヌ」が与えられる。つまり最終日のパリでこのマイヨジョーヌを着用した選手が、世界最高峰の自転車レースの覇者となるわけだ。

 そんなツール・ド・フランスをボクが追いかけ始めたころ、主催者が審判車両にVIP待遇で乗せてくれたことがある。スタート前は関係者だけが入場できる「ビラージュ(村)」という柵に囲われた特別なエリアで歓談し、スタートを待たずに車両に乗り込むとレースに先行してコースを走った。お昼時になるとドライバーが無線で「これから任務を離れてランチにするから」と各所に連絡。一気にスピードを上げてはるかに先行すると、丘の上のゴキゲンな木陰を見つけて審判車両を駐めるのだった。

 そこではクルマのトランクに用意されていた立派なランチボックスを提供されるのだが、すかさずクーラーボックスから冷えたシャンパンが取り出されシャンパングラスにそそがれた。上等な琥珀色の液体を飲み干すと、次は赤ワインのためのグラスが出てきた。こいつらは毎日こんなことをやっているのかと感心してしまった。

 
◆ 内容紹介
100回を数えるまで歴史を積み重ねてきたツール・ド・フランスのスポーツとしての魅力を、これまでの名勝負・名選手にまつわるエピソードから抽出し、同時に、歴史を育んできたフランス、ひいては欧州文化の土壌を紹介する。
近年、南米や東欧の選手たちの躍進が目覚ましいなか、日本人選手の活躍も記憶に新しい。アームストロングのドーピングによる7連覇剥奪といった事件もあったが、新たな世紀に突入するツール・ド・フランスの魅力を一冊に。