雑誌
話題の本の著者に直撃! 清水ミチコ
人の名前を勝手に騙る杜撰さがこの本にも表れたのかな

しみず・みちこ/岐阜県生まれ。文教大学女子短期大学部卒。'86年ライブデビュー。音楽パロディやモノマネで人気を集め、現在も精力的にライブ活動中。著書に『私の10年日記』、CDに『清水ミチコ物語』、DVDに『私という他人』他多数〔PHOTO〕金井尭子

取材・文/井上華織

—こちらの本は現在、隔週刊テレビ誌『テレビブロス』 で連載されている「私のテレビ日記」を一冊にまとめたエッセイ集ですが、あらためて連載期間の長さに驚かされます。

 私のキャリアの中ではテレビよりもラジオよりも長く続いているお仕事で、かれこれもう20年以上になります。 '96 ~ '05年分の連載をまとめた『私の10年日記』を出させていただいてからもう7年、ようやく '06 ~ '12年までの連載分をまとめた第2弾発売にこぎつけました。

主婦と演芸
著者:清水ミチコ
⇒本を購入する(AMAZON)

 タイトルを『主婦と演芸』にしたのは、この言葉が主婦をしながら芸人をやっている自分そのまんまだからです。芸人が結婚するのは普通ですけど、私みたいに結婚と同時に芸人になった人はかなり珍しいと思うんですよね。いつか使いたいなと思ってずっと温めていた言葉を、今回念願叶ってつけることができました。

 ちなみに本のタイトルとイラストを担当してくださったのが、ブロス仲間の大橋裕之さんなんですけど、表紙のタイトルからしてもう斜めに曲がってるんですよ(笑)。担当編集者にそのことを話したら、「味があっていいんじゃないですか?」って言われちゃって……。味にしてはえらく濃い味になっちゃってるんじゃないの、と。でも私、ヘタウマ的世界観が好きなんですごく気に入ってます。私のモノマネもヘタウマですから!(笑)