長谷川幸洋「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

『アベノミクス失速』は日本人の自信喪失の表われ G8各国は前向きに評価している

2013年06月21日(金) 長谷川 幸洋
upperline
G8での安倍首相 [Photo]Getty Images

 安倍晋三政権が進める経済政策は正しいのか、それとも誤っているのか。日本国内では円安株高の修正もあって、早くも「アベノミクス失速」とか「変調」「乱気流」といった見方が出ている。
 だが、一歩外へ出てみると、前向きに評価する声が目立つ。

 デフレと停滞の20年間を過ごすうち、多くの日本人には「自信喪失モード」が染み付いてしまった。そろそろ元気を取り戻して、アクセルを踏んでもいいのではないか。海外の論調や識者の発言をみていると、そんな思いを強くする。
 最近の動きを拾ってみる。

 まず、英誌「エコノミスト」だ。同誌は5月18日から24日号で久々に大型の日本特集を組んで安倍政権について論評した。その中でこう書いている。

「日本を停滞から脱出させるのは大仕事だ。失われた20年を経て、名目国内総生産(GDP)は1991年当時と同じ水準にとどまっている。平均株価は最近、上昇したとはいえ、ピークの3分の1にすぎない。新しいアベは(日本を再生できる、と)あらゆる点で証明しなければならない。だが、計画が半分でも達成できれば、アベは間違いなく『偉大な首相』とカウントされるだろう」

 英誌らしい皮肉を込めつつ、安倍の政策に期待を込めている。

課題は政策の軟化と、強硬な外交姿勢と英誌

 ただ、警告も忘れない。

 それは農業や医薬品、電力分野など改革の抵抗勢力に屈して「政策が軟化してしまうのではないか」という懸念が1つ。それから外交・安全保障分野で強硬な姿勢をとるあまり「国の誇りを破壊的で後向きなナショナリズムと混同してしまう」危険である、という。

 後者については、気鋭の政治学者として名高いイアン・ブレマー(米ユーラシア・グループ代表)が毎日新聞(6月16日付)に寄稿した論文でも、こう指摘している。

 

次ページ 「日本の強さというものは経済力…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事