[トライアスロン]
白戸太朗「トライアスロン界のホノルルマラソンをつくれ!」

 今では、すっかり国民的スポーツになったマラソン。どんな職場に行っても、市民ランナーがいることが珍しくない時代になった。決して身体に優しいわけでもなく、ゲーム性のもないこのスポーツが日本で広がったきっかけは、やはり「ホノルルマラソン」だろう。

 確かにここ数年のランナーの伸びは「東京マラソン」が牽引しているところも大きく、市民マラソンは東京を中心に動いていると言えるかもしれないが、そもそも「誰でもできるマラソン」「素人が挑戦するマラソン」の流れを最初につくったのは「ホノルルマラソン」だ。古くは郷ひろみから、芸能人、有名人がこぞって挑戦している。「初マラソンがホノルルでした」という人は相当数になるだろう。

 そんな「ホノルルマラソン」のような存在をトライアスロンでもつくれないかと考えたのが6年前だ。株式会社アスロニアを立ち上げ、日本でのトライアスロンの普及策を思索していた私は、ホノルルマラソンのように、トライアスロンをやっていなくても行きたくなる大会、トライアスロンを始めるときに「とりあえず」と思ってもらえる大会が必要という結論に至った。マラソンへのハードルを下げ、一般人とマラソンをつなぐ存在だった「ホノルルマラソン」のようなトライアスロン大会をつくろうというわけだ。

着手したホノトラの運営

 当時、いや今でもトライアスロンは相当ハードな競技であると思われている。「鉄人」という言葉が独り歩きし、競技者はとんでもないことをやっている「変人」のように思われていることが多い。だから、ソフトに見えて、入りやすい入口を作る必要性を感じていた。

 しかし、国内の大会は水が汚いとか、風景が良くないなどロケーションに難のあるところが目立つ。また、運営も田舎の運動会のように盛り上がらないものや、やたら競技役員が口うるさく、めんどうな大会だらけ。離島で行われる楽しい大会もあるが、それらは距離が長いものばかりで、初心者が楽しく参加できる雰囲気を持った短い距離の大会は極めて稀だった。

 これでは、トライアスロンに誘っても、お勧めできる大会が少ない。汚い海や、やたらと競技志向の大会でのデビューでは楽しい思い出にもならないのではないか。そんなことをアスロニア起業メンバーで話していた時に、出てきたプランが「ホノルルトライアスロンの運営」だった。

 当時、私が旅行会社の仕事で出場した「ホノルルトライアスロン(通称:ホノトラ)」はあまりに気持ちいい大会で、出場者が皆、幸せそうな顔をして走っているのが印象的だった。ハワイらしく適度にゆるい運営で、柔らかい雰囲気に包まれていた。気候、ロケーション、何をとっても心地いい。おまけに日本からのアクセスもいいので、大会の前後も観光などを楽しめる。

 私は「ハワイを嫌いな日本人はいない」と思っている人間だ。だからこそ大会出場とともに、旅行という目的も兼ねることができるホノトラの可能性を感じていた。まさに「トライアスロン界のホノルルマラソン」になりうると閃いたのだ。