[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「頼もしい田村、後藤、酒井の救援陣」

新人・田村にケンカ投法の勧め

 前期は残り4試合で、20勝13敗3分の首位。2位・徳島とは1ゲーム差ながら、マジック4が点灯しています。6月に入り、7勝2敗と投打の歯車がかみ合ってきました。5月後半からの徳島、愛媛との5試合を4勝1敗と勝ち越したことでチームが波に乗りましたね。

 開幕から投手陣はよく頑張っていますが、特に田村雅樹、後藤真人から抑えの酒井大介につなぐ必勝パターンを確立できたことは大きいです。後ろにピッチャーが控えていれば、先発も完投を考えず、6回をメドに思い切って投げることができます。序盤でゲームを壊しさえしなければ何とかなるという雰囲気がチーム内に生まれているため、投打ともに腰を据えて戦えているのではないでしょうか。

 ルーキーの田村は開幕当初は先発でしたが、どうしても6、7回を任せられるピッチャーがいなかったため、中継ぎに回ってもらうことになりました。以前から紹介しているように、彼の良さは制球力。自滅しないタイプのため、先発が早く崩れた際のロングリリーフとしても大車輪の働きをみせています。

 16日の高知戦では先発の篠原慎平が初回に3失点し、自分のピッチングを完全に見失っていたため、2回途中からマウンドに上がってもらいました。結果は6回まで投げ切り、ノーヒットの好投。ここまで最多の28試合に登板して5勝2敗、防御率1.88と立派な成績です。短いイニングで腕も思い切って振れており、球速も140キロ台中盤が出るようになってきました。

 リリーフは1球が命とりになるポジションです。先発以上に1球1球への集中力が求められます。田村がさらに上を目指すには、右バッターへのインコースをいかに制するか。

 スライダー、カットボールと外へ動く変化球はいいだけに、シュートを磨けば鬼に金棒です。今はまだ自信がないのか、懐を突き切れていません。東尾修さんの“ケンカ投法”ばりに、思い切って内角を攻められるようになれば、バッターにとってはもっとイヤなピッチャーになるでしょう。