2013.06.20(Thu)

企業は、成功体験で傾く。危機感は、どれだけ持っても「持ちすぎ」にはならないと思います。

イトーキ 松井 正

週刊現代
  • print
  • rss
  • 筆者プロフィール&コラム概要

DNA

 経営は、ゴールのないバトンレースだと思っています。昭和44年に入社し、約40年を経て、私が学んできたことはきっと後輩の身体の中でDNAとして残ると思います。ただし、ちゃんと伝えれば、です。そこで、機会があれば大学で講義し、市場の変化などにどう対応するかを学生に伝えています。

ニーズ

 もし、企業にお勤めの方が弊社の営業と関わる機会があったなら、ぜひオフィスを見せてやってください。コンサルタントとして、きっと貴社の潜在ニーズを掘り起こしますよ。「会話が弾むオフィス」や「女性が働きやすいオフィス」など、様々なご提案ができます。実際に生産性の向上に寄与し、お客様から感謝していただいた営業もたくさんいるんですよ。すると、今度は営業の士気も上がります。やはり、仕事は潜在ニーズを掘り起こすのが面白いんですよね。

(取材・文/夏目幸明)
『週刊現代』2013年6月22日号より

previous page
3

経営戦略 一覧ページへ

媒体最新記事一覧