雑誌
テレビドラマを楽しもう『ガリレオ』『ラスト・シンデレラ』もいいけど NHK『あまちやん』は歴史に残る傑作です 特別座談会 泉麻人×上滝徹也×中森明夫

 平均20%超えが2本。'09年春以来の高視聴率で盛り上がりを見せる今期の春ドラマだが、ドラマ通3人に言わせれば「『あまちゃん』だけは別格」。その見どころを、その他の注目作と合わせて大熱論する。

じぇじぇじぇ!

泉 今日ここに来る途中、路駐しているトラックからあの軽快な音楽が聞こえてきて、覗いたら50代見当のおじさんが『あまちゃん』(NHK)を見ていましたよ。昼の再放送の時間でした。男性はあまり観ないと言われる朝ドラですが、トラックのドライバーも見ている。

中森 『あまちゃん』は社会現象ですね。民放でも町おこしアイドル特集みたいな『あまちゃん』にあやかった番組をよく見ます。僕も『あまちゃん』を好きだと公言したら、執筆依頼が次々と来るようになった。

上滝 視聴率は初回から20%前後で推移していて、「社会現象」と言われるほどではないんですが、BSの2回を含めれば一日4回放送があるわけですから、グロスで考えれば相当な視聴率ですよ。ちなみに私は3回見ています(笑)。

泉 NHKの朝ドラはこのところ、『梅ちゃん先生』の堀北真希や、『おひさま』の井上真央など、すでに知名度のある女優がヒロインを務めるケースが続いていて、ひとつの成功パターンになっていました。今回の能年玲奈のような、少しCMに出ているくらいの本当の新人がヒロインになって、ここまで注目を浴びるのは久々ですね。『おはなはん』の樫山文枝を思わせる。

中森 あの透明感はすごい。アキという役にぴったりです。あまりにもはまり役だから、イメージが固定されてしまって、今後ずっと「あまちゃん」と呼ばれ続けるんじゃないかと心配になるくらいです。

泉 話題になっている「じぇじぇ」という驚きを表す方言も、彼女のちょっと間の抜けたような声色とキャラクターに合っていますよね。インパクトが強いゆえに難しいフレーズだとも思うんですが、彼女なら何度言っても嫌味がない。

上滝 親友役の橋本愛はまだ「じぇじぇ」に少し違和感がありますもんね(笑)。

泉 彼女は正統派の美女といったキャラですからね。顔もバタくさい。映画『告白』に出てた子ですよね?

中森 そうです、準主役でした。実は能年玲奈もあまり目立たない役でしたが出演していて、そこで最初の共演は果たしています。

泉 周りの役者陣もいい味出してますよね。僕はアキの父親役の尾美としのりのイラッとさせる演技がたまらない。タクシー運転手だからって、妻子を追って北三陸までタクシーで来てしまったのには笑いました。あと、ローカル局のディレクター役で出ている野間口徹もいい。いま放送中の『お天気お姉さん』(テレビ朝日系)というドラマでもディレクターの役をやっているんですよ。どちらもテレビマンの胡散臭い感じがよく出ている。彼はディレクターをやらせたらピカ一ですよ(笑)。それも肩にセーターをかけてしまうような、ステレオタイプなディレクター。