雑誌
過去68年(1945~2013)日本で一番金持ちはこの人だった 松下幸之助×本田宗一郎×柳井正×孫正義ほか

 その道の有識者があらゆるものの「日本一」を決める人気企画。今回のテーマは「大金持ち」である。時代とともに移り変わる大富豪の系譜は、時代を映す鏡。彼らの姿からこの国の形が見えてくる。

世の中を変えた金持ち

「松下幸之助や本田宗一郎といった人たちは、恵まれない環境で育ち、ハングリー精神をバネに億万長者になった。いずれも新しいビジネスのシステムをつくるとか、世界に冠たるブランドを創造しつつ、多くの人を雇用し、社会に貢献した人です」(神戸大学経済経営研究所リサーチフェロー・長田貴仁氏)

 大金持ちは、ただ単に金儲けがうまいだけの人間ではない。社会を変えるほどの仕事を創造し、大げさに言うなら、歴史に名を残すほどの業績を挙げてきたからこそ、結果として大金持ちになったのだ。

 最近ではIT系企業が華々しく上場した際に、一気に巨額の上場益を手にしたものの、わずか数年で倒産という例も少なくない。

 そこでシリーズ「日本一を決めよう」の第3回では、本誌がこれまで掲載してきた「日本の大金持ち」特集の蓄積をもとに、本物の大金持ちランキングを作成した。時代も手法も問わず、純粋にカネを稼いだ人物をリストアップ。そこに有識者の評価と実際の納税額、資産、さらには社会的影響力の大きさなども加味している。

 まずは上の総所得額のランキングをごらんいただきたい。これは戦後すぐから現在までの「長者番付」を精査し、納税額や株式の配当収入などをもとに、本誌が独自に算出・ランキングしたものだ。年代によって異なる貨幣価値は、総務省統計局発表の「消費者物価指数」を掛け合わせ、'11年時点での貨幣価値に換算している。

 ナンバー1に輝いたのが、任天堂創業家で現・相談役の山内溥氏だ。総所得額906億5900万円。山内氏は同社の株式を1416万5000株所有する。この株への配当金が昨年度だけでも、14億1650万円に上るのだ。'08年度には年間配当金は1440円だったため、この年、山内氏は約204億円を手にした計算になる。これらを累計することで、巨額の所得額となった。ノンフィクション作家の桐山秀樹氏が、その山内氏と面談したときの印象を語る。

「会社でお会いしたのですが、秘書が部屋に入ってきたと思ったら、ご本人でした。印象は普通のおじさん。私は最初、広報の人だと思ったくらいです。不要なものはいっさい省いているような出で立ちで、逆に圧倒されました。戦時中、京都で捕虜になっていたロシア人がトランプで遊んでいるのを見て、商品化したそうです。戦略に長けた人で、ゲームの企画もフリーの若いクリエイターから公募する。持ち込みOKで競争をさせて、いいものだけを取る。経営者として冷酷だと思った半面、この環境が優秀なクリエイターを育てたのだなとも感じました」