津田大介×福田峰之×奥野総一郎×石川和男「ネット選挙解禁で政治は良くなるのか?」
【第3回】 「政治参加の参入障壁を下げることにつながってほしい」

[左から] 津田大介さん(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)、福田峰之さん(自民党衆議院議員)、奥野総一郎さん(民主党衆議院議員)、石川和男さん(政策家/社会保障経済研究所代表)
※この原稿は、5月9日20時半~21時半に行われた「政策講談」第4回を書き起こしたものです。書き起こしにあたっては、読みやすくするために必要最低限の編集を行っています。

【第2回】はこちらをご覧ください。

政治がもっと身近になる

津田: ネット選挙解禁というと、投票行動や選挙ばかりが注目されるんですけど、ネット選挙を解禁することで政治家の人がネットに来ざるを得なくなるじゃないですか。アカウントもつくって、少なくとも対話を始めることになる。

 そうすることで多様な利害関係者の意見を吸い上げて、それによって政策とか、行政とかが変わる。有権者から見れば、意見を出すことで変わるという、選挙以外の時の政治との関わり方が身近になる。その部分が、すごく大きな意味を持つ気がしますね。

福田: 津田さんには本当にいいことを言っていただいた。実はネットって双方向性でしょ。これが一番意味があるところ。僕のホームページやブログとかにもいろいろな意見が来ますが、通常観ている人は1日500人くらいしかいないし、意見を言って来る人は本当に詳しい人やマニアだったりする人が多い。

 ですからその書かれたことがマスかというとマスではないんですね。ところが、選挙期間になると1日に5000人や6000人が見て、そこで出てくる意見というのは、今まで関心がなかった人たちの意見も含めて入ってくるから、非常に貴重。

津田: 普通の人たちの意見も入ってくる。

福田: そっちの意見がすごく重要なんですね。ネット選挙を解禁することによって、選挙期間中にいろんな意見を双方向性でやりとりできるというのが政治家にとって宝なんです。通常の意見を信じていないということではないけど、さっき言ったように、特定に人の意見が多いから、バイアスがかかっているんですよ。

津田: お二人の中は、ネットやメールで来たものがキッカケでご自身の政策などが変わったという事例ってあります?