スポーツ

あえて新井貴浩に説教ッ 金本知憲が緊急参戦「辛いさん問題」オレにも言わせろ!

2013年06月18日(火) フライデー
friday
本誌5月31日号の辛いさん記事について、「面白かったですよ。でも、まだまだ甘い。彼はもっとダメです」

 6月早々、たった24時間で首位陥落の阪神タイガース。そのなかにあって、よくも悪くも大張り切りなのが〝辛いさん〟こと、新井貴浩(36)だ。5月31日号で報じたとおり、広島からのFA移籍時に、

「辛いです……カープが好きだから!」

 と武田鉄矢ばりのセリフで涙し、阪神入団後はどうにもこうにもツラいプレーを連発して、辛いさんと呼ばれるようになった彼。それがいま、なぜか3割を打ち、打率リーグ5位につけている(6月4日現在)。彼は覚醒したのか?

「甘い甘い! そんなわけないでしょ。FRIDAYさんのこの間の記事も、まだ彼の本性をわかっていない。甘いよ!」

 本誌にダメ出しするのは、泣く子も黙る〝アニキ〟こと、金本知憲(45・写真上)である。辛いさんが兄貴分、師と仰ぎ、広島から阪神という軌跡までマネたアニキは、両球団通じて辛いさんをイジり続けてきた。そんなアニキが、「辛いさん問題」論議に緊急参戦してきたのだ。

「阪神の調子がいいのは、打撃に関して言えば1番を打つ西岡(剛)と4番のマートンのおかげ。辛いさんの好調なんか、いつもどおりすぐ終わるでしょ。それに彼は守備で足を引っ張ってるからねえ。5月25日の甲子園(対日本ハム)でも、ファールフライをグラブにも触らず落球したでしょ? オレはああいうプレーを『ファールツライ』と呼んでます」

―その前、20日の西武ドームでも、2死一、二塁で、西岡がボテボテのセカンドゴロをジャンピングスローしたのを、一塁手の辛いさんがハジきました。

「試合をブチ壊したエラー。選手への気配りがスゴイ和田(豊)監督ですら、試合後に怒りをあらわにしてたから。よかったのは西岡のコメント。『(ボクは)普通に投げました』って。先輩の新井に対して、『普通に捕れよ!』ってことでしょ。

1
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介