プーチン、リュドミラの離婚とプリホチコ露官房長官の就任の報道はプーチンの政治闘争へのシグナルなのか
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol015 インテリジェンス・レポートより
〔PHOTO〕gettyimages
【まえがき】
ロシアに関する踏み込んだ分析メモを2通書きました。特にプリホチコがロシア政府官房長になって、ロシア外務省は北方領土交渉をサボタージュするようになります。日本側からプーチンに直結する人脈を構築することが急務です。

【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.015 目次】
―第1部― インテリジェンスレポート
 ■分析メモ No.34「プーチン露大統領の離婚」
 ■分析メモ No.35「プリホチコ露官房長官の就任」
―第2部― 読書ノート
 ■読書ノート No.41
 ■読書ノート No.42
 ■読書ノート No.43
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 佐藤さんの今後の予定(7月下旬まで)

分析メモ No.34 「プーチン露大統領の離婚」

【事実関係】
6月6日、ロシアのプーチン大統領(60歳)はリュドミラ夫人(55歳)と離婚手続きに入る意向を表明した。

【コメント】
1.―(2)
夫婦で一緒にテレビインタビューに出演し、離婚発表をするとは誰も予想していなかった。<「2人は一緒に暮らしていないのではといううわさもある」と問われたプーチン氏は夫人と目を合わせ、「その通り。私は公人で、それを好きになれず折り合いをつけられない人もいる。リュドミラはもう9年もそれに付き合った。(離婚は)2人で話し合って決めた」と語った。>(6月7日『朝日新聞デジタル』)。離婚が合意の上であるとのプーチンの発言は、額面通りに受け止めてよい。

2.
プーチンは、私生活に触れられることを嫌う。2008年4月12日の『モスコーフスキー・コレスポンデント』紙にプーチンが近く新体操選手のカバエバ(2008年12月より国家院[下院]議員。現在、30歳)と結婚するとの報道がなされた。同年4月18日、イタリア外遊中、ベルルスコーニ首相(当時)との共同記者会見の席上、この報道に対する質問にプーチンが激昂し、「この記事には一言の事実もない」と断言した。プーチンの剣幕に恐れをなした新聞のオーナーは、誤報を認め、同紙を1週間休刊にし、編集長を更迭した。

それ以後、ロシアのマスメディアは、プーチンの私生活について触れることに極度に慎重になっている。そのような状況で、国営テレビの記者が「2人は一緒に暮らしていないのではといううわさもある」という質問を、自発的に行うことは想定できない。円満な離婚を演出するための働きかけがプーチン側からなされたと見るのが妥当である

4.
このタイミングで離婚を発表したプーチンに2つの思惑があると見られる。・・・・・・

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら