[BCリーグ]
新潟・内藤尚行監督「開幕4試合目でつかんだ確信」

 いよいよ前期も佳境に入ってきました。新潟アルビレックスBCは12日現在、26試合を終えて17勝8敗1分け。8日には優勝マジックが点灯し、現在は5となっています。野球の現場を離れて15年、指導者としては初めての私でも、なんとか采配できているというのが、一番の実感といったところです。

 成績うんぬんというよりも、自分が考えていた野球ができていることが大きいですね。私が一番大事にしているのは、いかに選手をグラウンドに気持ちよく送り出すか、ということ。そのためにも監督である私自身が声を出し、場の雰囲気を盛り上げることを意識しています。

 就任当初から私は選手に「オマエラに『監督』とは言わせないよ」と口癖のように言ってきました。組織というと、どうしても上司と部下という関係になってしまいますが、私は監督である自分が選手と一緒になってやることこそがチームの雰囲気をよくする、と考えているからです。実際、選手は私のことを「監督」ではなく、「ギャオスさん」と呼んでいます。私もその方が違和感がなくていいのです。

 また、シーズン序盤にチームとしての戦い方の方針を固められたことも、今の成績につながっているのだと思います。このチームがどうすれば勝てるのか、その方向性を確信したのが開幕から4試合目、4月20日の信濃グランセローズ戦でした。この試合はともに2ケタ安打という打撃戦となり、結果的には12-9で新潟が勝ちました。

 しかし序盤、試合の主導権を握ったのは信濃の方でした。先発の寺田哲也(作新学院高-作新学院大)が打ち込まれて3回途中で降板し、4回を終えた時点で0-4。しかも新潟の打線はわずか1安打と完璧に抑えられていました。それでも5回表、新潟の打線が奮起し、一挙6得点で逆転しました。この時、私は「これが前年覇者の新潟の力か」と思いました。

 ところが、その裏に5失点を喫し、再び信濃にリードを奪われてしまいました。私はこの時、正直「さすがにもう一度ひっくり返すのは無理だろう」と思っていました。ところが、8回に4点を挙げ、再び逆転してしまったのです。さらに最終回にはダメ押しの2点を追加し、そのまま逃げ切ってしまいました。

 この試合で私は新潟アルビレックスBCというチームの強さを感じたとともに、打撃のチームであることがはっきりとわかりました。そうであるならば、ピッチャー出身である自分がしっかりとピッチャーを育て、管理していけば、このチームは投打のかみ合った戦い方ができる、という確信を得ることができたのです。