不正・事件・犯罪 裏社会
死者14名を出した抗争に一区切り 道仁会と九州誠道会を手打ちに追い込んだ暴力団社会のある事情
道仁会(久留米市)が久留米署に提出した"宣誓書"

 「血を血で洗う抗争」がようやく終焉か---。

 福岡県に本部を置く道仁会(久留米市)と九州誠道会(大牟田市)が、抗争終結を宣言した。

 ともに幹部が6月11日、久留米署に出向いたのだ。
 九州誠道会は、これ以上、世間を騒乱させることは本意ではなく、「当会を解散する事が一般社会の不安を取り除く唯一の手段であると確信」したとして、「解散届」を提出した。
 これを受けて道仁会も、「同じ過ちを繰り返さぬ事を固く決意致し、現状事態の収束に至ることと決定致しました」と、「宣誓書」を提出した。

 両会の抗争の激しさは、ハンパではなかった。

マシンガンや手榴弾を手に計47件の抗争

 発端は、道仁会二代目の松尾誠次郎会長の引退に伴う跡目争いだった。
 06年7月、決着がつかずに分裂して九州誠道会が発足。
 その翌年の8月18日、道仁会の大中義久三代目会長が、九州誠道会幹部によって射殺され、抗争は一気にヒートアップした。
 これまでに47件の抗争事件が発生、一般人を含めて14名が死亡している。

 マシンガンや手榴弾まで用いられる激しさは、拳銃などで抗争相手の玄関や窓を威嚇射撃するところから始まる他地区の抗争を凌駕する。