雑誌
富士通 前社長
解任騒動の一部始終を明かす

その夜、軟禁されていた

 クビを切られた社長がアホなのか、それともこれは何かの陰謀なのか。グループ連結で従業員約19万人を抱える巨大企業としてはいかにもお粗末な醜態である。

本社32階で事実上の"解任"

 '09年9月25日、朝8時半。富士通社長(当時)・野副州旦(のぞえくにあき)氏(62歳)は9時に始まる役員会に備えて早めに出社し、社長室で資料などに目を通していた。

「秋草さん、間塚さんらが、32階にお越しいただきたいとおっしゃっています」

 野副氏は役員会に備えた簡単な打ち合わせだと思い込み、上着も着ないまま、指定された「来賓会議室」に足を運んだという。

 会議室に待ち受けていたのは、秋草直之取締役相談役(元社長=71歳)、間塚道義会長(66歳)、法務本部長ら6人の幹部だった。

この場で、秋草取締役、間塚会長は口を開かなかったが、ほかの幹部から驚くような言葉が次々に出てきた。

「野副さんは、反社会的勢力とかかわりの深いS社と親しくされていますね。(富士通子会社でインターネットプロバイダ業の)ニフティの売却交渉でも、S社がかかわっています。上場企業のトップが、反社会的勢力と付き合った場合、上場廃止になる恐れがあります。今日、この場で辞任してください。辞任しなければ、取締役会で動議を出して解任ということになります」

 予想もしない展開に、野副氏はこう反論するのがやっとだった。

「あの人たちが反社会的勢力だとは思えない。第一、S社の社長Tさんは秋草さんだってよくご存知の方でしょう」―。

 当初から、謎めいた辞任劇だった。ある富士通中堅社員はこう話す。

「昨年9月の野副さんの辞任には驚きました。病気と発表されましたが、社内でも『(辞任理由は)プライベートなことだから、聞くな』と言われて、タブーのようになっていた。部長級の幹部も知らされていなかったと思います。3月5日の新聞を見て、はじめて"真相"がわかったんです」

 5日の朝日新聞朝刊では、<富士通前社長・野副氏辞任取り消し要求「虚偽の理由で迫られた」>と題し、辞任理由が発表された「病気療養」ではなかったこと、一部の取締役から「(野副氏が)反社会的な勢力と付き合っているという話があり、社長として適切ではない」と辞任を迫られたことを暴露した。

 野副氏は2月26日、富士通の間塚道義社長兼会長宛に内容証明郵便を送付し、辞任の取り消しを求めていることも判明した。

「かつて三越の岡田茂社長が'82年に突如社長を解任され、『なぜだ!』と叫んだのは有名ですが、上場企業の社長が突然解任されるのはきわめて珍しいケースです。しかも解任された社長が、半年も経ってから会社側に取り消しを求めるのは、前代未聞でしょう」
(全国紙経済部記者)

 野副氏には、本当に反社会的勢力との関係があったのか。また野副氏が、いまになって突如行動を起こした理由は何か。関係者を取材すると、意外な真相が浮かび上がってきた。

 冒頭の解任の場面に戻る。

 「反社会的勢力とかかわりがある」と指摘されたS社について、野副氏は反論したが、富士通の「最高権力者」秋草氏からの返答はなかった。野副氏は、秋草氏も自分の「解任」に賛成しているのだということをようやく察知した。

 1時間に及ぶ押し問答の結果、野副氏はついに腹を決める。

「それしか方法がないなら、受け入れます」

 野副氏はその場で、あらかじめ用意されていた「顧問就任契約書」に署名したが、「代表取締役辞任の文書に署名した記憶はない」(野副氏の代理人・畑敬弁護士)という。一方会社側は、
「野副さんは確かに退任届に署名をしています。そのペーパーがあり、正規の手続きを踏んでいるので、なんら問題はない」(広報IR室)
  と話している。

 9時半すぎに、野副氏を除いたメンバーで取締役会を開催。その場で野副氏の辞任を承認する。野副氏自身は、その間、来賓会議室に待機していたという。ただ、「密室の騒動」はこれだけで終わらなかった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら