[裏方NAVI]
伊東裕樹(サービスマン)<前編>「信頼あってこそ――佐々木明との“喧嘩”」

「サービスマン」と言えば、スキー板のチューンナップをし、ワックスがけを行なう、車で言えば整備士というイメージを持っている人は少なくないだろう。もちろん、それらも大事な仕事である。だが、サービスマンの役割は、そうしたマテリアル面だけにとどまらない。練習や試合会場まで自らの運転で選手の送迎もすれば、選手の身体的・精神的な状況を把握し、時にはコーチやトレーナーと選手とのパイプ役や相談役も務める。アルペン競技のレース時には、スタート地点まで選手に帯同し、無事にスタートさせるのもサービスマンの役割である。つまり、プレッシャーや興奮状態の中、選手はサービスマンと交わした会話や激励の言葉に送り出されてスタートを切るのだ。これがいかに重要で難しい任務であるかは、想像に難くない。今回はそんな知られざるサービスマンの姿を追う。

「僕らサービスマンは、選手の足元を預かっている。だからこそ、選手との信頼関係は欠かせません」
 日本のアルペンスキー界のエースとして君臨してきた佐々木明(ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバー五輪代表)の専属サービスマンとして知られ、現在はナショナルチーム男子コーチ兼オフィシャルサービスマンを務める伊東裕樹は、こう語る。

100分の1ミリ単位でのエッジビベリングがスキーヤーの滑りを左右する

 サービスマンが手掛けるスキー板のチューンナップの工程で、最も重要なのがエッジ加工だ。滑走面の両端を削って角度をつける「ベースエッジ」と、板のサイド部分に角度をつける「サイドエッジ」があり、ターン時に板が回転しやすく、かつコントロール性を高めるためにエッジに角度をつけることを「エッジビベリング」と言う。その角度は、競技種目、気候条件、雪質、各選手の技術レベルやタイプによって異なる。とは言っても、一般の人が目で見たり、手で触っただけではその違いはほとんどわからない。しかし、その100分の1ミリ単位の角度の違いが、選手の滑りには大きく影響してくるのだ。