[レスリング]
近藤隆夫「五輪競技であることが、そんなに大切か?」

「曲げられない」では生き残れない?

『曲げられない女』を思い出した。

 3年ほど前、日本テレビ系列で毎週、放映されていた菅野美穂主演の連続ドラマだ。

 司法試験に9年続けて落ち、それでも弁護士になる夢を諦めない主人公、荻原早紀は世間の雰囲気に流されることなく、また損得勘定で生きようとはしない「曲げられない女」。立場は弱く、常に悩みを抱える彼女だが、正義感は強く、自分の感情に正直だ。

 そして毎回、自分が不利な状況に追い込まれることを恐れずにキッパリと言う。

「そんな○○なら、私には必要ありません!」と。

 損をしてでも、自分の意志を貫こうとする人間をあざ笑う世の風潮に主人公が貧しいながらも立ち向かう痛快なドラマだった。

 さて本題。先日、ロシアで開かれたIOC(国際オリンピック委員会)理事会で、「残り1枠」をめぐっての候補競技が3つに絞られた。レスリング、野球・ソフトボール、スカッシュ。

 1度は2020年五輪の実施競技から除外されたレスリングが最終候補となり、存続の可能性を残している。最終的に、どの競技が採用されるのかが決まるのは、アルゼンチンで開かれるIOC総会。9月8日だ。

 ロシアでのIOC理事会の後、何人かの日本のレスリング関係者に会った。彼らは異口同音に言う。

「まさか(レスリングが)除外されるとは思わなかった」
「もしも(レスリングが五輪競技に)残れなかったら大変なことになる。ここだけは絶対に踏ん張ってもらわないと困る。本当に五輪から外れたら、日本の競技人口は半分以下になってしまいますよ」

 そして続ける。
「そのためにはルール変更も仕方ないでしょう。エッと思うことがあっても、それで五輪の場に残れるならやるべきでしょう」