雑誌
英『エコノミスト』編集長「安倍〝機長〟には懐疑的です」
乱高下を続ける日経平均株価(図中の数字は終値)と安倍機長の先行きを、エコノミスト風にコラージュしてみました
安倍首相自身も喜んだ、スーパーマンをパロディ化した表紙。だが、戦闘機2機を従えていることが、右傾化への懸念を示唆していることに気付いているだろうか

〈鳥か? 飛行機か? いや、日本だ!〉

 イギリスの伝統ある経済誌『エコノミスト』が、5月18日号で日本の安倍政権についての特集記事を組んでいる。表紙にはスーパーマンの格好をした安倍晋三首相(58)を〝起用〟、4ページにわたり安倍首相の政治手腕やアベノミクスの効果についての分析を行っている。安倍首相もスーパーマンにたとえられご満悦のようで、自身のフェイスブック上で、

〈まさかスーパーマンになるとは想像しなかった。ちょっと気恥ずかしいです〉

 と発言。まんざらでもなさそうだ。

「安倍さんはこの特集が相当嬉しかったようですね。 '07年に首相を辞めたときには、同誌は『安倍首相は経済を放置した』と辛辣に評価していましたから」(全国紙政治部記者)

スクリューフレーションの危機

 だが、浮かれるのは気が早い。今回の特集を組んだ真意について、同誌編集長のジョン・ミクルスウェイト氏が次のように明かす。