[野球]
上田哲之「一球の風景」

~ダルビッシュvs.バーランダー~

 どんな試合にも、印象に残るこの一球というのはあるものだが、それが注目のエース対決となれば、なおさらだろう。5月16日(現地時間)のテキサス・レンジャーズ-デトロイト・タイガース戦は、ダルビッシュ有とジャスティン・バーランダーの対決ということで、米国でも関心は高かったらしい。

 バーランダーといえば、100マイル(160キロ)の豪速球と大きなカーブを武器とする、現在のメジャーリーグNo.1投手である。それに、ここまで6勝と好調で、次のNo.1投手の座を目指すダルビッシュが挑む、という構図だった。立ち上がり、ダルビッシュは好調だった。1、2番は簡単に退けて、3番は昨年の三冠王ミゲル・カブレラ。これは一瞬、レフトへ痛打されたかと思われたが、意外に打球が伸びず、レフトフライ。多分、カットボールだった分だけ、芯を外したのだろう。

 2回に入ると、さらに好調ぶりは加速する。4番プリンス・フィルダーは、初球、沈むボールで空振り。2球目、インハイのストレート系で詰まらせて、一塁ゴロ。5番ビクター・マルチネスは、初球を打って一塁ゴロ。3球でいとも簡単に2死である。しかも1回に打ちとったカブレラ、そしてこの回のフィルダーという3、4番は、もしかしたらメジャー最強かもしれない。ともかく、相手がメジャーでも1、2を争う強力打線であることは間違いない。それをここまで、いともやすやすと、しかも少ない球数で退けている。このままいけば、今日は完封か、とつい期待してしまう。

 で、6番アレックス・アビラ。初球、アウトローにストレート、96マイル(約155キロ)、ストライク! 2球目、スライダー、見送り、ストライク! 見ているだけで気持ちいい。永久に打たれないんじゃないかと思いたくなる。実際、誰もが三振を予測したのではあるまいか。しかし、もちろん勝負はここからである。
 3球目、アウトロー、ボール。まぁ、一球外して様子を見た方が安全というものだろう、と納得する。
 4球目、変化球がすっぽ抜けてボール。あれれ。カウント2-2。
 5球目、おそらくこのボールで決まるんだろう、と勝手に予感しながら見守る。アウトロー、ストレート、96マイル! お見事、と声をあげたいところだが、ファウル。カウント依然2-2。さぁ、そろそろ本当に決めなくてはならない。
 6球目、捕手ジョバニー・ソトはやや半身になって捕える。投げたのは、なんとカーブ。うーん、わずかに高いか。ボール。

 印象的なのは、この一球である。確かに、96マイルのアウトローのストレートの後、あのカーブが決まれば、打者はなすすべもなく、見逃し三振に倒れるに違いない。結果がそうであれば、捕手ソトの素晴らしいリードと評価されるのだろう。しかし、むしろ、捕手が楽しみすぎたように見えた。あまりにも気持ちのいい三振を思い描きすぎた、とでも言おうか。少なくとも、このカーブが、何かの分岐点になったことは間違いない。

 7球目、インローにスライダー。これまでなら凡打になっても、全然おかしくなかった。しかし、現実には、打球が一、二塁間を抜けていってヒット。次打者は三振でチェンジとなったものの、あの7球目が一、二塁間を抜けたということは、5番マルチネスまでとは、投手と打者の関係に微妙な地殻変動のごとき変化が起きた証しといっていいだろう。乱暴に言えば、球場がそれまでより、ヒットが出やすい空間になったのである。