ドイツ
『アンナ・カレーニナ』『レ・ミゼラブル』『ザ・グレート・ギャッビー』---名作文学の映画化作品を観て感じたこと

 このところ、名作を映画化したものを3本も見た。トルストイの『アンナ・カレーニナ』、ユーゴーの『レ・ミゼラブル』、そしてフィッツジェラルドの『ザ・グレート・ギャッビー』。どれも世界に名だたる大作だ。

オペラの手法で魅せる斬新な演出

 アンナ・カレーニナは、若いころから大好きで何度も読んだ。ただ、惚れ込んだ作品だけあって、どの登場人物もすでに私の中で顔があり、声があるので、映画を見に行くかどうか思い悩んだ。映画の後では、私が長年、大切に暖めてきた登場人物たちの顔も声も、一瞬で映画のそれに置き換わってしまう可能性があるからだ。

 ただ、今回はなぜか私の持っていた彼らのイメージはそのまま保たれた。映画の登場人物の容姿が、あまりにも私の想像とはかけ離れていたからかもしれない。私のアンナはもっとふくよかで妖艶だ。そして、ヴロンスキーはもっと華麗。ただ、映画のキャストも、これはこれで十分に楽しめた。

 とてつもなく面白かったのは演出だ。オペラの舞台そのものなのだ。幕まである。そして、舞台を見ていると思えば、それが現実のシーンに移り変わり、その現実のシーンで階段を上がっていくと、今度はオペラ座の舞台裏に出るとか、とにかくパッと色が変わるようにシーンが変わる。

 華やかな舞踏会では、アンナとヴロンスキーが、彼らの運命を決めることになるダンスをしている。彼ら以外の人間はフェードアウトして、アンナとヴロンスキーの独壇場。その2人が、ときどき凍ったように静止する。まさにオペラの手法、あるいは、歌舞伎の見得切りである。

 『アンナ・カレーニナ』の舞台背景は、フランス革命はとっくに終わっているものの、吹き始めた民主化の風は去らないといった時代だ。ロシアにはまだ革命の足音は聞こえてこないが、しかし、ロマノフ王朝は膠着し、あちこちで静かにひびが入り始めている。

 そのロシアの官庁の場面が面白い。大きな部屋に学校のように机が並び、そこに座った大勢の役人が、音楽に合わせて皆でポンポコ、ポンポコとめくら判を押している。役人がいかに非効率で、無意味な仕事をしているかを象徴しているのだが、これも、まさにオペラの手法。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら