Wharton Japan Report

Wharton Forum ~Marketing panel~ 変化を続ける消費者とテクノロジー---強いブランドを築くための広告のあり方は? マネジメントの課題は?

レポート:本荘修二(コンサルタント)

2013年06月10日(月)
upperline
Photo by Shuji Honjo

取材・執筆:本荘修二(コンサルタント、多摩大学客員教授)

進展するテクノロジー、変化する消費者、激動する市場環境に対して、企業は広告をはじめとするマーケティングにどう取り組めばよいのか---。

 世界をリードする経営学大学院Wharton School(ウォートン・スクール)のグローバル・フォーラムが5月24日パレスホテルで開かれ、そのパネルの一つ「The Brave New World of Advertising」(広告の勇敢なる新世界)にてマーケティングへのアプローチが議論された。

【モデレーター】(左端)
ペンシルベニア大学ウォートン・スクール教授 ジェリー・ウインド
(Jerry Wind, Lauder Professor, Director, SEI Center for Advanced Studies in Management; Academic Director, The Wharton Fellows Program, The Wharton School)

【パネリスト】(左から順に)
日産自動車 執行役員 マーケティング・コミュニケーション ブランドストラテジー ルー ドゥ・ブリース氏
資生堂 執行役員 企業文化・宣伝制作担当 杉山繁和氏
ワイデン+ケネディ トウキョウ 代表 ブレイク・ハロップ氏
丸の内ブランドフォーラム 代表 片平秀貴氏

次ページ  まず、テクノロジーと消費者の…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ