対策に困る団塊世代の介護問題。政策ビジョンは見えないが経済力で人間の寿命が決まるのは回避すべきだ

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」号外 文化放送「くにまるジャパン」発言録より
【目次】
―第1部― インテリジェンスレポート
 分析メモ No.33「慰安婦問題をめぐる橋下徹大阪市長の発言が北方領土交渉に与える影響」
―第2部― 読書ノート
 読書ノート No.40 佐高信『友好の井戸を掘った人たち』
―第3部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録

いきなりですが、リスナーのみなさまからいただく今日のメール・FAXのテーマはこちら。

伊藤: 「スニーカー」

邦丸: ちなみに、「スニーカー」という言葉の語源は、英語の「sneak(スニーク)/忍び寄る」からきているそうですね。硬い靴底のカツン、カツンじゃなくて、底がゴムでできていますので軟らかいから音がしないということで、そこから始まったそうです。なんでそんなテーマにしたかというと、私、先々週かな、ちょっと派手な色の・・・・・・。

伊藤: ものすごーーーい蛍光色のオレンジと赤の間ぐらいの。

邦丸: そ、そんなイヤそうに言わなくても・・・・・・。

伊藤: 朱色ってやつですかっ。邦丸さんにしか履けないですよねっ。

邦丸: そ、そんなふうに言わなくても・・・・・・。

伊藤: いえ、オレンジがお似合いになると言っているんです。

(略)

邦丸: 夏しか履けないんですよ。メッシュになっているから、冬に履いたら寒いだろうなという。せっかく買ってきたし、その日はちょっと暑いしっていうんで会社に履いてきたら、みんなに「派手ですね」「派手ですね」って言われたんだけど、そんなに派手かね。

伊藤: どう思いますか?

佐藤: い、いいと思いますよ。

邦丸: いいですよねえ。

佐藤: い、いや、あの、ソ連にいたころは・・・・・・。

邦丸・伊藤: キターーー!

佐藤: あの、「スニーカー」って言葉はなかった。「トレーニャ」っていった。

邦丸: それ、ロシア語?

佐藤: そう。要するに、トレーナー。

伊藤: ああ、トレーナーから。

佐藤: だから「トレーニャ」ってロシア人は言います。

邦丸: へぇ~。

佐藤: いろいろなトレーニングやテニスなどのスポーツで使う靴なんか、作っていないんですよ、ソ連で。

邦丸: では、どうするんですか。

佐藤: だから、外国から買わないといけないんです。スポーツ選手は特別割り当てがあるんですけれど、普通の人にはない。

邦丸: 旧ソ連時代は。

佐藤: そう。それで、旧ソ連時代の運動靴は怖いの。靴を履くときはまず、よく中を手で触って、クギとか突起物とかがないか、ケガしないか。要するに、内側に向かってクギが飛び出していないかチェックしてから試着するという、こういう時代でしたから。

伊藤: えーっ。

佐藤: ですから、ロシア人に頼まれるんですよ、スニーカー買ってきてくれと。