あなたもブラック消費者になっていませんか? ブラック企業を撲滅するために考えてみるべき課題とは

 最近、ブラック企業に対する批判がすごい。そしてその批判を見る限り、おおむね正当なものが多いし、私もいわゆるブラック企業を擁護するつもりはありません。しかし、私たちはブラック企業に対してどのように対峙をしていくべきなのか、ということに対して真剣に考えている意見をあまり見かけません。

 そもそもブラック企業とはいったい何なのか。

 一般的には、従業員に対して劣悪な環境で労働を強いている、とても入社をお勧めできないような会社、ということのようです。暴力団が支配しているような反社会性のある企業は「フロント企業」といって区別をしているようです。もちろんフロント企業とブラック企業の要素を兼ね備える会社も複数存在するでしょう。

 ブルーカラーの業界に多く、特に飲食業に多く存在しているようです。飲食業はアルバイトやフリーターの労働力を必要としているし、学生の就労数も多いためブラック企業情報が多くなるのはよくわかります。

 実際に厳しい就労条件で働き、過酷な労働現場で心身ともに大きなダメージを受けている人たちがたくさんいるのは事実で、そのような労働を前提に今の飲食業が成り立っているのもまた事実でしょう。ならば、ブラック企業を批判する人たちは具体的に何をするべきか。ブラック企業撲滅の方法について考えてみましょう。

消費者としての行動を変える

 一番簡単な手は、客としてそのような店へ行かないことです。安くておいしくてサービスがよい、という店はもちろん素晴らしい。しかし、飲食業のように付加価値をあげにくい業界においては、大量仕入れで原価率を下げたり、工場を使い製造工程を一部簡略化するなどの方法をとることでコストを下げられますが、人員シフトをゆるやかにしたり、従業員に給料をたくさん払うようにすると、最終的にメニューの単価の上げざるをえません。

 従業員により多くの給料を払ってあげるためには、同じサービスなら、1円でも「高い」店を、私たち客側が選択することです。消費者としての行動を変える、ということです。

 逆にいえば、安さとおいしさ、そして高いサービスを同時に求める人は、それこそ"ブラック消費者"なのかもしれません。なぜなら、1円でも安くておいしくてサービスがよい店に行こうとうする人は、結果的にブラック企業の共犯者となっているからです。

 ブラック企業の裏側には必ずブラック消費者がいます。ブラック企業はブラック消費者の支えなしには存在できないわけです。

 今はお店を作って経営したい人が、お客様になりたい人を上回っています。要するに供給過剰なんですね。この需給ギャップを埋めるためには、お店の数を減らすか、私たちが外食の頻度を増やしてお客様の数を増やすしかありません。

 しかし店の数を減らせば、その分働く場所が減ります。雇用が減ってしまう。また外食を増やすのもいいけど、給料が増えないのに食費をいたずらに掛けるわけにはいかない。これは困ったぞ、ということになる。

 特に居酒屋は深夜まで営業しているので、仕事も重労働で過酷です。でも、お客様サイドには安く飲み食いしたいという強いニーズがある。そうなると、どうあっても労働強化になっていくわけです。

 そこで、安く飲むのを諦めてできるだけ「高く」飲むように心掛けなければいけない。でも、財布の事情でなかなかそうもいかない。さて、みなさんはこのパラドックスをどう解消したらよいと思いますか?

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら