豪州戦直前ですが…ブラジルW杯本番&以後が結構心配
「本田」「香川」を脅かす10代が日本にいないっ!

フライデー
U-17代表の杉本。今春、NIKEから「ロナウドの後継者」として世界限定15足のスパイクを贈られた〔PHOTO〕長浜耕樹

 ここに一人、そのポテンシャルを秘めた若者がいる。昨年、U-16代表としてAFC選手権の準優勝に貢献し、最優秀ユース選手賞を受賞した岐阜・帝京大可児高校3年の杉本太郎(17)だ。

 今年10月にUAEで行われるU-17W杯では主力として注目される、攻撃的な中盤の選手である。

 最大の持ち味は、素早いターンと果敢なドリブル突破。162cm61kgと小柄だが俊敏な身のこなしと繊細なボールタッチでDFをかわしていく。さらに、前線からの献身的な守備もこなし、JFAの求める選手像ともマッチする。

 リオ五輪の開かれる '16年、杉本は20歳。彼が持ち味を捨てずに、飛び級で五輪代表に選ばれるくらい育たなければ、日本サッカーの将来は暗いかもしれない。

「フライデー」2013年6月7日号より