2013.06.06(Thu)

怒っている時に正しい判断はできない。
「怒らない経営」はもっとも合理的なんです。

ライドオン・エクスプレス 江見朗

週刊現代
  • print
  • rss
  • 筆者プロフィール&コラム概要

新たな息吹

 今、力を入れているのは『ファインダイン』の事業です。それぞれの街の人気レストランの商品を、お客様のオフィスやご自宅にお届けする事業で、現在は東京で展開しています。今まで宅配までは手が回らなかった飲食店にとっても、様々な出前を取りたいお客様にとってもお役に立てる、斬新な仕組みだと思っています。

経営とは

私が実現したいのは、何にも囚われない生き方です。事実を事実として捉え、常に新しい可能性を探し、トライし、今の業態に変更を加えていく・・・・・・ごく簡単に言えば、それが「経営」でもあるのでしょう。

社長が楽しい

 将来の夢は、私にできる最大幸福を実現することです。宅配の事業を通じ、便利な社会を築き、お客様や取引先や社員を幸せにしていきたい。きれいごとでなく、それが私の使命。弊社の成長は、こうしたヒューマンスキルの向上が大きなきっかけになっているのです。よく「社長は大変」などと言いますが、じつを言うと私、より多くの人を幸せにできるこのポジションが、会社の中で一番楽しいと思っているんですよ。

(取材・文/夏目幸明)
『週刊現代』2013年6月8日号より

previous page
3

経営戦略 一覧ページへ

媒体最新記事一覧