[裏方NAVI]
山家正尚(メンタルコーチ)<後編>「“スマイルジャパン”誕生秘話」

 今年2月の最終予選を勝ち抜き、来年開催されるソチ五輪出場一番乗りを果たしたアイスホッケー女子日本代表。その彼女らの愛称として決定したのが、当初からチームが希望していた“スマイルジャパン”だ。21歳の若き主将・大沢ちほはこう述べている。
「最終予選という大きな舞台でも、いつものように笑って、楽しくできた。だから希望していた愛称に決定して、とても嬉しい」
 この “スマイルジャパン”誕生秘話に欠かすことのできない人物がいる。昨年11月にチームのメンタルコーチに就任した山家正尚だ。

「あれ? なんかおかしいな……」
 初めてチームの合宿を訪れた時のことだ。山家はチームの様子に疑問を抱いていた。練習の時も、食事の時も、団体競技に最も重要なコミュニケーションが希薄しているように感じられたのだ。よく見てみると、選手たちは所属するチームや、近い年齢の選手同士でかたまっていた。選手たちが心を開ききっていない様子が、初めてチームを見た山家にははっきりと見てとれたのだ。

「技術的には、非常に高いものをもっていることは、練習を見てすぐにわかりました。本当に優秀な選手が揃っている。彼女たちが実力を発揮さえすれば、最終予選を突破してソチ五輪の切符を掴むことは十分にできると思いました。ただ、そのためにはみんなが信頼し合って、結束力を高めることが必要です。ミスを恐れることなく、プレーに集中することができる環境が重要なんです。

 ところが、11月の合宿ではそれを感じることができなかったんです。例えば、私が行なった一番最初の講義でも、選手たちに何か問いかけても、自ら意見を言おうとする選手はほとんどいませんでした。遠慮しているというか、何か話しにくそうな雰囲気があったんです。僕との1対1での個人面談では、みんなとってもよく話すんですよ。チームで世界を相手に戦うわけですから、これではせっかくの実力を発揮することはできないだろうと。そこで、みんなが腹を割って話すことができるような仕組みをつくろうと、さまざまな働きかけを行なったんです」