[MLB]
佐野慈紀「岩隈&上原、好調のワケ」

 今季も日本人メジャーリーガーたちの活躍が海の向こうから次々と届いています。特に投手陣は好調ですね。今季初登板のアストロズ戦で、あと1人で完全試合達成という快投を見せたダルビッシュ有(レンジャーズ)をはじめ、チームの先発ローテーションにしっかりと入っている黒田博樹(ヤンキース)、岩隈久志(マリナーズ)、そしてリリーバーではレッドソックスの“勝利の方程式”を担う上原浩治と田澤純一、さらに今季メジャー1年目の藤川球児(カブス)……。日本のメジャーファンにとっては、みどころがたくさんあるシーズンとなっていますね。

今季初登板で確信した活躍

 さて、今回はそのうちの2人、岩隈投手と上原投手について、今季の調子の良さがどこにあるのかを話したいと思います。まずはメジャー2年目の岩隈投手ですが、周知の通り、彼はもともとコントロールのいい投手です。特に低めへのコントロールは抜群。沢村賞に輝いた2008年には28試合に先発登板し、被本塁打がわずか3本だったことが話題となりましたね。

 それでもメジャー移籍1年目の昨季は、さまざまな環境の違いに苦戦し、なかなか結果が出ませんでした。しかし、後半からは岩隈らしいピッチングが見られるようになりましたね。それを今季まで継続させているというのは、さすがです。今季は開幕から自分の思うように投げられていますね。ストレートと同じ高さからフォークボールがストーンと落ちるわけですから、打者にとっては見極めるのに非常に苦労していると思います。

 今季初登板となった4月3日のアスレチックス戦、岩隈は6回をわずか2安打に抑え、本塁打の1点に抑えて白星を挙げました。フォークボールが面白いように決まっているこの試合を見て、私は今季の岩隈の活躍を確信しました。

 今月21日のインディアンス戦は6回を投げて7安打5失点。珍しく2本の本塁打を浴びました。しかし、長いシーズン、常に調子がいいというわけにはいきません。こういう試合もあると思います。逆に私はこの試合、岩隈のピッチングがどうのというよりも、改めてメジャーのレベルの高さを見せつけられた思いがしました。岩隈のコメント通り、2本の本塁打は、やはり少し甘く入った球だったと思います。それを見逃さずに、スタンドに運ぶメジャーリーガーの強打者たち。メジャーとは、ほんの少しでも隙を見せれば、そこをすかさず突いてくる、そういう厳しい世界なのです。

 今季の岩隈には特に問題点は見当たりません。ケガだけが心配ですが、普段から自分のコンディションを気にかけている岩隈投手ですから、十分なケアをしていることでしょう。チーム事情が絡んではくるものの、今季は2ケタはかたいでしょう。15勝以上はできるのではないかと期待しています。