スポーツ

[虎四ミーティング]
城彰二(サッカー解説者)<後編>「フランス杯後に受けたカズからの電話」

2013年05月24日(金) スポーツコミュニケーションズ

酒が救った代表の窮地

二宮: フランスW杯アジア最終予選で、加茂周監督率いる日本はアウェーのカザフスタン戦で1対0とリードしながらロスタイムに同点弾を許し、本大会出場へ黄信号が灯りました。あの時の代表の雰囲気は?
: チームはバラバラになっている状況でしたね。加茂さんはメンバーを固定して、主力選手であればコンディションが悪くても使い続けていました。そのなかで結果が出ていなかったので、僕たちサブメンバーはものすごくフラストレーションが溜まっていました。

二宮: そこで日本サッカー協会は加茂監督を解任し、岡田武史コーチを監督に昇格させました。
: 驚きはありましたね。ただ、選手たちもどうにかして状況を変えたいと思っていたので、岡田さんが監督昇格すると聞いた後、ベテランの井原正巳さんとか中山雅史さんが音頭をとって、初めて選手全員で集まることになったんです。お酒を飲みながら「1回ぶっちゃけた話をしよう」と。どこかからお酒を持ち寄って、部屋の前の廊下に集まりました。僕もお酒の力を借りて、思っていることを全部口に出しました。

二宮: どんなことを?
: 僕はカズさんに「カズさん、正直、コンディション悪いですよね? 今のカズさんのスキルだったら、絶対オレのほうが勝っていると思います」と言いましたね。するとカズさんも「確かにオレはコンディションはよくないし、結果を残していない。オマエが調子いいのもわかる。でも試合に起用するのは監督の判断だからな」と僕の意見を受け入れてくれました。

二宮: 城さんが本当に腹を割って話したからこそ、カズもスッと胸に落ちたんでしょうね。
: それはあるかもしれないですね。ベンチメンバーも含めて「こういうプレーが悪い」「勝とうとしてないじゃなか」とか、全員が腹を割って話をしました。そして「結果が出ていないのは、オレたち選手の責任。だからなんとか頑張ろう」という結論に至った。そこからですよ。一気に雰囲気が変わったのは。翌日の練習からサブメンバーも「俺ちはどうやってチームに貢献しようか」と考えるようになっていました。

1
nextpage


Special Feature

スポーツプレミア アクセスランキング

  • 昨日
  • 直近1時間