「風俗利用発言」で米国からもきっぱり拒否された橋下氏。職業選択の自由を盾にした詭弁は性と人権と沖縄県民に対する明らかな侮辱

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」文化放送「くにまるジャパン」発言録より

前の番組のパーソナリティ福井謙二さんから「今日はカレーの話を聞きたい!」とリクエストされ------

邦丸: ウチの女房がつくるカレーは、ひき肉が入っていることが多いですね。そのひき肉さえ入ってないときがあります。

伊藤: じゃ、何が入っているんですか?

邦丸: 野菜だけ。

伊藤: 奥様は邦丸さんの健康を考えていらっしゃるんですね。

(略)

佐藤: うらやましいですね。私はこの体重ですから、わが家はカレー禁止令が出ていまして、カレーに関しては極めて厳しいんですよ。

伊藤: ええーっ。

邦丸: ああ、カレーそのものじゃなくて、ご飯もいっぱい食べちゃうからでしょ。

佐藤: ご飯もいっぱい食べますし、カレーもカツカレーとか、すぐそういうコースになっちゃうんでね。

伊藤: ははー。

佐藤: 私、そういうのを出されると、うらめしそーな顔で下を向いているんで、「アンタのそういう顔を見たくない」と。

(略)

邦丸: 今日の日経新聞に「GDP実質3.5%増 『プチぜいたく』楽しむ」という見出しが出ています。

 1~3月の実質国内総生産(GDP)成長率が年率3.5%と高い伸びを示したのも、個人消費の回復が主因であると。景気が浮揚しているという感じから、少しぜいたくを楽しむ一般消費者が浮かぶということで、「プチぜいたくを楽しむ」ということなんですけど、実態が伴っていないと言いながらも、“気”の問題なんでしょうかね、これ。

佐藤: いや、これは気の問題というよりも、比較的所得の多い人たちがぜいたくを楽しんでいるということで、それで統計数字が上がっているということだと思います。ですからこの記事を見ても、フレンチであるとか、あるいは高級車であるとか、そういうところで消費が伸びているということですからね。

邦丸: 高級車が売れているらしいですね。

佐藤: ですから、平均値が上がるということと、圧倒的多数の人たちの生活がどうなるかということには、若干の乖離がありますからね。特に今、格差が広がっていますから。

伊藤: だって、一般の人はべつにお給料はぜんぜん増えないわけでしょ。

佐藤: だからおもしろいのは、マンションのオーナーチェンジが今、ものすごくたくさん起きているんですよ。地下鉄の駅から5分以内のマンションに限ってのことですけど。価格が3割ぐらい上がっているところがあるんですね。ところが、賃料は上がっていないんですよ。給料が上がっていないから、賃料も上げられないんですね。ということは、これは不自然な上がり方で、要するに投機目的ですよね。

邦丸: なるほどね。

伊藤: ああ、それでオーナーが替わっているんですね。

佐藤: 賃料が上がるんなら、これは理屈がつくわけですよ。ですからその意味において、あまり水を注すようなことは言いたくないんですが、リアルに見た場合は、浮かれていると大変なことになると。

邦丸: なるほどね。みなさん、このままいくわけないよって、うすうす思っているんでは。

佐藤: だから逆に、成功させるためには何をするか。アベノミクス批判、アベノミクスはとんでもないというのではなくて、いくつかの細いナローパス(隘路)があるんだけど、そこをどうやってみんなで抜けていけるかという、前向き、健全な考え方で応援していくということが重要だと思うんですよね。

邦丸: もうイヤですよね、空白の時期はね。少しでもいい兆しがあればね。

佐藤: 悪口とか暗い話は聞きたくない。・・・・・・(以下メルマガでご覧下さい)

※佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」は、申し込み月は無料で試し読みができます。
※バックナンバーは発行翌月から有料となります。(月額税込:1050円 / 発行周期:第2・4水曜日+号外)