[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「巻き返しに不可欠な捕手・屋宜の成長」

阪神・藤浪と投げ合った左腕・中村の課題

 21日から高知ではウエスタンリーグのオリックス-福岡ソフトバンク戦が開催され、挨拶も兼ねて、ひさびさに古巣の試合を観に行きました。2軍とはいえ、両チームのメンバーは豪華。オリックスは先発が井川慶で、T-岡田がスタメン。ソフトバンクにはコーチ時代に指導した松中信彦をはじめ、ウィリー・モー・ペーニャ、田上秀則ら1軍の主力クラスが来ていました。

 実績のある彼らが2軍ということは、それだけ若手が出てきている証拠です。アイランドリーグからもいい素材をどんどん送り出さなくては、と改めて刺激を受けた観戦となりました。

 チームの現状は4勝15敗1分の最下位。前後期とも最下位に沈んだ昨季と変わらない成績になっていることは申し訳なく思います。ただ、16敗のうち2ケタ失点は1度もなく、7つが3点差以内の接戦です。一方的にやられているわけではなく、巻き返しへの手応えも感じています。

 投手は先発の井川博文が1勝4敗と負け越しているものの、防御率は2.27と安定しています。抑えの吉川岳も期待通りの仕事をしていますから、7年目の野原慎二郎、6年目の山中智貴ら先発陣が調子を上げてくれば、勝ちゲームも増えてくるでしょう。特に山中は好不調の波が激しく、四球で自滅するパターンが相変わらず目立ちます。この壁を打ち破らない限り、先は見えません。若いといっても、もう25歳。そろそろ自分をコントールする術を身につけてほしいものです。

 そして高卒ルーキー左腕の中村正利はNPBのスカウトから注目される存在になっています。四国に来てから、同じ左腕の吉田豊彦コーチの下、フォームを修正。一時は球速が落ちたものの、ここに来て球速も140キロ近くに上がってきました。17日の阪神2軍戦ではアイランドリーグ選抜の先発を務め、同級生の藤浪晋太郎と投げ合っています。結果はお互いに3回3失点でしたが、いい経験になったでしょう。

 リーグ戦でも15日の愛媛戦では初めて彼に先発を任せました。2回に2点を失ったものの、3回からは3イニング連続の三者凡退。しかし、6回に連続四球から乱れ、3点を失って逆転を許しました。初先発だったことを考慮すれば、いい時に5回でスパッと交代させてやるのもひとつの方法だったかもしれません。続投させたために、初勝利のチャンスを逃す結果になり、彼には悪いことをしました。

 中村の課題は、6、7回まで試合をしっかりつくれる投球術です。これは実戦で投げ続けて身につけるしかありません。高校生上がりでも力のある選手ですから、今後も先発、中継ぎと登板機会を増やして伸ばしたいと考えています。