[MLB]
杉浦大介「低迷続けるメッツ、光は見えたか」

新星誕生も、上位進出は望み薄

ハービーは瞬く間に全米的なセンセーションを巻き起こした。

 かつてオリックス・バファローズでも指揮を執ったテリー・コリンズ監督が率いるメッツに、新たなエースが台頭して全米的な話題を呼んでいる。

 新星の名は、マット・ハービー。昨季にデヴューした24歳の本格派右腕は、今季ここまで4勝0敗、防御率1.44と、ほぼ完璧な投球を続けてきた。193cm、102.1kgの恵まれた体格から投げ下ろす速球、スライダーは威力十分。5月7日のホワイトソックス戦では7回まで完全試合を続け、老舗「スポーツ・イラストレイテッド」誌でも表紙を飾った。

「まるで(トム・)シーバーのような投球スタイルだ。素晴らしい投手になる大きなチャンスがある」

 開幕直後に対戦したフィリーズのチャーリー・マニエル監督は、通算311勝の大投手を引き合いに出してハービーを絶賛していた。そんな比較はさすがに時期尚早としても、メッツの本拠地シティ・フィールドで開催される今季のオールスターゲームでの先発登板も、もう夢物語ではなさそうである。

 もっとも、こうして新エースが確立したからといって、メッツが急浮上を始めているというわけではない。

敗戦が続く厳しいシーズンの中でも、コリンズ監督の闘志は衰えていない。Photo By Kotaro Ohashi

 過去4年連続で負け越しレコードが続くチームは、今季も5月16日時点で15勝23敗。熱血漢のコリンズ監督は必死に選手たちを鼓舞しているものの、15日までの直近18試合中13戦で3得点以下に終わった貧打は、いかんともし難い。過去24年で21度、ポストシーズン進出を逃してきたメッツが、今年もプレーオフに進むことなくシーズンを終えることは、すでにほぼ確実とみられている。

 しかし、今季のこうした低迷は、開幕前から予想されていたことではあった。現実的に考えて、今のメッツの戦力は同地区で上位につけるナショナルズ、ブレーブスに遠く及ばず、同じく再建途上のマーリンズをなんとか上回るのが精一杯だろう。

「現在と未来のバランスをうまくとっていかなければならない。長期での目標を頭に置き、その一方で、もちろん当面の戦いも大事だ」

 サンディ・アルダーソンGMは一応はそう語っているが、フロントの視線が早くも2014年に向いていることは明白。そして、たとえ今季、どれだけ負けようと、来季以降を見据えた場合、メッツの行く手には実に楽しみな未来が広がっているようにも思える。