[自転車競技]
白戸太朗「レースのグレードアップがもたらすもの」

~第16回ツアー・オブ・ジャパン~

 私の5月は忙しい。自社で主催しているトライアスロン大会が1つ。J SPORTSでLive中継担当するサイクルロードレースが、3週間続くジロ・デ・イタリアと、8日間のツアー・オブ・カリフォルニアと2つある。どれも非常に興味深いモノばかりで、これを仕事にできることを幸せに思う。そしてさらに、19日からは国内最大のステージレース(複数日間続くロードレース)であるツアー・オブ・ジャパン(TOJ)も開催される。こちらも会場MCを担当しているものだから、昼夜問わず、国内外あちこちに移動し続けることになる。なんと、楽しくて、なんとハードで落ち着かない1カ月だろうか!?

昨年のTOJでのスタートを待つ選手たち

 TOJの歴史は古く、1982年から始まった「国際サイクルロードレース」を継承して始まったものだ。96年に国際自転車連盟(UCI)からステージレースとして公認され、その名称を「ツアー・オブ・ジャパン」に変更し、第1回大会が行なわれた。今年でTOJとしては16回目だが、前身である「国際サイクルロードレース」を含めると、その歴史はなんと30年ということになる。私自身、子供のころになんとなく見ていたレースの実況を務めることができるなんて、なんだか不思議で光栄な気分である。

生まれ変わったTOJ

 そのTOJは今年からまた新しい進化を遂げた。UCIは世界のロードレースをランク付けし、その出場条件をチームのレベルによって分けているのだが、今年はTOJのレベルを1つ上げ、国内ではもちろん、アジアを代表するレースになったのである。これにより、様々な規定が変わり、コースや選手への対応、競技ルール、賞金など、修正を余儀なくされるポイントは沢山ある。当然、開催費用増加は避けられないのだがトップレベルのチームカテゴリーである「プロチーム」を招聘することが可能となった。いつもはテレビでしか見られない世界のトップチームが参加してくれることは、ファンとしては大変に嬉しいことだし、大会運営側にとっては名誉あることだ。しかし、現場ではどうなのか……。関係者に聞いてみると、必ずしも手放しでは喜べるわけではないようだ。

 まず何といってもレースレベルが非常に高くなり、日本選手が相当苦戦することが予想されることだ。近年、世界に通じる選手がようやく国内でも数名出てきたが、そのほとんどがヨーロッパのプロチームに所属しており、今回のレースには参加しない。どのレースに出場するかは個人の意思ではなく、チームの方針で計画されるため、選手が出場したくてもできないのだ。そうなると、国内組の日本人選手の奮闘に期待ということになるが、彼らと世界との差は決して小さくはない。

 つまり8日間、6ステージのレースはほぼ海外のトップ選手を中心に動くことになる。また、ステージレースというのは、その日のレースで完走できないと、そこで失格となり、翌日のレースから出場することはできない。レベルが上がり厳しいレースになることが予想される今回、完走できない選手が続出し、後半のステージでは、日本人選手が1人もいないという寂しい映像になる可能性もある。それでは日本のファンやメディアは失望し、逆に注目度が落ちてしまうかもしれないのだ。

 もちろん、UCI公認のレースで上位入賞すれば、それなりのポイントを獲得することができる。加えて、このUCIポイントの蓄積が、今年の世界選手権への国別枠決定の基準となるわけだから、日本人選手に活躍して欲しいのだが……。日本人選手、運営者にとっても海外のプロチーム招聘は「もろ刃の剣」というわけだ。