Digital Experience! TOP>現代ビジネス>ITトレンド・セレクト
ITトレンド・セレクト
2013年05月16日(木) 小林 雅一

クイズ王「ワトソン」の開発責任者がヘッジファンドに転職

ワトソンの開発者David Ferrucci 氏 〔PHOTO〕gettyimages

 IBM「ワトソン」の開発プロジェクト・リーダーが、米国のヘッジ・ファンドに移籍したという。

●"David Ferrucci: Life After Watson" New York Times, MAY 6, 2013

 ご存じの方も多いと思うが、「ワトソン(Watson)」はIBMワトソン研究所が開発した質疑応答コンピュータである。ワトソンは自然言語、つまり人間が話す言葉を理解し、自らも男性の声(もちろんコンピュータの合成音声)で話す。

 ワトソンは元々、米国の人気クイズ番組「ジョパディ(Jeopardy!)」に出演し、その歴代チャンピオン(つまり人間)と対戦するために開発された。そして当初の予定通り、2011年2月にジョパディに出演し、そこでジョパディ史上最強とも言われるチャンピオン2人と同時に対戦し、見事、彼らを破って全米の話題となった。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking