経済の死角

2013年最新版全国長者番付を掲載する
第1部 続々登場「大金持ちの幸せと悩み」を明かします

GW合併号特別企画 これが日本の大金持ち「トップ100人」

2013年05月14日(火) 週刊現代
週刊現代
upperline
【表の説明】'01年以降に新規上場した会社の主な株主を精査し、持ち株の多い創業者をピックアップ。上場当時の持ち株数に上場後の初値を乗じたものを「資産」として計算し、資産額の多い順にランキングをした。ただし現在、上場廃止や吸収合併されたような企業、亡くなった創業者などは除外している

 いわゆる「長者番付」が非公表となったため、私たちは富裕層の"本当の姿"を知ることができなくなった。そこで本誌が総力取材を行い、今回公表するのが最新版の全国長者番付である。新しく大金持ちの仲間入りをした人は誰か、いかにして、どれくらいの富を得たのか。当人たちが明かす、彼らの金銭哲学にも迫った。

「上場したときに入ったおカネで箱根の別荘地に500坪の土地を買い、別荘を建てました。周囲には大きな別荘が多いので、うちの別荘は小さく見えますけどね。週末にはだいたい別荘に行っています。ですから、会社が上場してプライベートで変化したのは、週末を別荘で過ごし、頻繁にゴルフをするようになったことでしょうか」

次ページ  そう話す渡部進氏(64歳)は…
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事