[サッカー]
“さすらいのgoleador”福田健二、香港での新たな旅路

香港といえばブルース・リー。観光スポットの銅像前で。

 1月に香港リーグ1部の横浜FC香港へ移籍したFW福田健二が、このほど2012-13シーズンの戦いを終えた。途中加入ながら2月以降のリーグ戦全8試合に出場して3ゴール。特に最終節では後半ロスタイム、敗れれば降格という大ピンチの中、起死回生の同点ヘッドを決め、クラブの1部残留に貢献した。

 二宮清純の携帯サイト「二宮清純.com」、スマートフォンサイト「ニノスポ」にて好評配信中の福田選手のコラムコーナー「さすらいのgoleador」から、新天地に挑んだ3カ月半を紹介したい。

高校以来のFKのキッカーに

 福田にとって海外でのプレーは南米のパラグアイ、中米のメキシコ、欧州のスペイン、ギリシャに続き、5カ国目。横浜FC香港は名前の通り、J2の横浜FCが運営するクラブだ。社長をはじめ、選手やスタッフにも日本人がいた。香港自体、仕事の関係などで在住する日本人は少なくない。彼らのサポートを受けつつ、英語と少しずつ覚えていった広東語を使いながら、周囲とコミュニケーションをとっていった。

<横浜FC香港のサッカーは、ボールポゼッションをしっかりした上で、サイドからの崩しや縦パスでチャンスをつくるスタイルです。僕のように泥臭く前線で仕事をするタイプはマッチすると感じています。

 監督からも「前でボールを収めて起点になってくれ」と言われています。そして「ゴールを獲ってくれ」と。FWとして、これ以上、モチベーションの上がる言葉はありません。

 クラブは10代、20代の選手が大半を占めています。全体的に身体能力が高く、テクニックよりも、まずは運動量で勝負している印象です。僕が入ることでテクニックや戦術の部分を伝えられれば、よりいいサッカーができるのではないかと考えています>

 チームに合流して指揮官から求められた役割はトップ下だった。単にゴールを狙うだけでなく、ポストプレーなどでチャンスを演出する働きも必要とされていた。

<ワントップをやりたい願望はあるものの、同僚にはFW吉武剛がいます。彼は開幕から活躍し、チームトップの8ゴール(2月末時点)。結果がすべてのプロの世界ですから、ポジションは自分でつかみ取るしかありません。

 香港に来てからは監督の勧めもあり、FKも蹴らせてもらっています。FKを任されるのは高校時代以来。自分にとっては新たな挑戦ですが、際どいところにボールは集められるようになってきました。FKでも得点に貢献し、新境地を開く。そんなつもりで練習にも取り組んでいるところです>