[裏方NAVI]
山家正尚(メンタルコーチ)<前編>「“スマイルジャパン”五輪最終予選の舞台裏」

「大丈夫。僕は選手たちを信じている。彼女たちなら、きっとやってくれるよ」
 2013年2月8日、アイスホッケー女子日本代表はスロバキアで行なわれたソチ五輪最終予選の初戦に臨んだ。相手はノルウェー。世界ランキングは日本11位、ノルウェー10位と、実力はほぼ互角だった。ところが、第2ピリオド途中まで0-3。予想外の点差に、スタンドからはため息がもれた。だが、メンタルコーチの山家正尚は「絶対に大丈夫」と言い切った。選手たちを信じ切るだけの自信が、山家にはあった。

 山家がチームのメンタルコーチに就任したのは、最終予選の約3カ月前、昨年11月のことだった。就任したばかりの頃、山家は個別ヒアリングで全選手に次のような質問をしている。
<日本は最終予選を突破できると思いますか?>
 答えの半数を占めたのは「よくわからない」「全然、自信がない」というものだった。

 ところが約2カ月後の12月末に同じ質問をすると、ほぼ全員から肯定的な答えが返ってきた。
「正直、驚きました。僕としては、予選の直前、1月末の時点で『やれそうだ』という答えが8割以上いたらいいな、と思っていたんです。ところが12月末時点で既にほとんどの選手が突破できるというイメージをもっていました。しかも、『やれそうだ』のレベルを超えて、ほとんどの選手が『予選が楽しみだ』というレベルまでいっていたんです。その時に、『あ、このチームはやれるな』と確信しました」