[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.7」

~ジーコ、オシム、関塚を支えたフィジコ~
ジーコはとにかく負けず嫌いである

 2002年日韓ワールドカップ決勝トーナメント1回戦、仙台で行われた日本代表とトルコ代表の試合が0対1で終わった瞬間、「あのおっさんがここにいたら、えらい怒っているやろな」と、里内はジーコの顔を思い浮かべていた。

――日本はベスト16で終わるようなチームじゃない。
――自国開催なのにどうして埼玉スタジアムのようなサッカー専用スタジアムで試合をしないのだ。観客席とピッチが近いスタジアムは観客を味方につけることができるのに……。
 里内には、ジーコが真っ赤な顔でまくし立てる姿が想像できた。

ジーコに必要とされた喜び

 里内は01年シーズンを最後に鹿島アントラーズを離れ、セレッソ大阪のフィジカルコーチに就任していた。住友金属時代から慣れ親しんだ鹿島を離れることには寂しさもあったが、鹿島のテクニカル・ディレクターになっていたジーコは「また戻ってこいよ」と快く送り出してくれた。それが何より嬉しかった。

 日韓W杯終了後、ジーコは日本代表監督に就任した。大会前からフランス人指揮官のフィリップ・トルシエの後任候補には、ブラジル人監督の名前が挙がっていた。その中には、里内がサンパウロFCで教えを受けたテレ・サンターナの名前もあった。テレが監督になれば面白いとも里内は思ったが、日本での経験がなく年齢的な問題もあった。そのため、当時49歳で、日本での経験もあるジーコの就任は自然な流れのように感じていた。

 ブラジルでは監督を中心とした首脳陣を『監督委員会』と呼ぶ。監督は気心の知れたフィジカルコーチ、ドクター、フィジオテラピストなどと共に、1つのチームとして移動することが多い。里内はジーコが日本代表監督に就任した時、ブラジルからフィジカルコーチを連れてくるものだと思い込んでいた。だから「代表でやってみないか」と、ジーコが自分に声を掛けてくれたことは里内にとって嬉しい驚きだった。

 ジーコ率いる日本代表は04年のアジアカップで優勝するなど着実に力をつけ、アジア予選を勝ち抜いて06年ドイツW杯の出場権を獲得した。しかし、 “ジーコジャパン”として記憶に残っているのは、ドイツW杯初戦、オーストラリア代表との試合での惨敗という人も少なくないだろう。

 あの試合、途中までは日本にとって悪い展開ではなかった。前半26分、日本代表は中村俊輔のクロスボールがそのままゴールに入るかたちで先取点を挙げた。ボールを支配していたのははオーストラリアだったが、日本代表の守備陣はしぶとく持ちこたえ、前半を1点リードして折り返した。
 ところが、終了まで残り6分となった、後半39分のことだった。左サイドからのロングスローがゴール前に入ったところに、キーパーの川口能活が飛び出した。しかし川口はボールを触れることはできなかった。オーストラリアのジョシュア・ケネディにボールをヘディングで繋がれ、失点を許した。

「それまで何回もサイドからの攻撃に対する守備を練習してきた。川口は飛び出さないと決めていた。しかし、彼はあの日調子が良かった。だから飛び出してもボールに触ることができると思ってしまったのだろう」
 とジーコは振り返っている。
 その後も、後半44分、47分と続けて失点した。わずか7分間で3失点――日本代表のドイツW杯は事実上、この試合で終わった。