北朝鮮はどこまで本気なのか!? 米・国防総省の報告書から読み解く"北の現状と実力"
〔PHOTO〕gettyimages

 北朝鮮はいったい、どこまで本気なのか。今回のミサイル危機で、あらためて北朝鮮問題について不安に思った人も多いだろう。タイミングよく、米国の国防総省(ペンタゴン)が5月初め、北朝鮮の脅威について評価した報告書を公表した。これは同省が法律に基づいて議会に提出した、きわめて正式な(というのも、妙な表現だが)ものだ。

 国防総省は中国については、同じような「中国に関する軍事・安全保障の展開」というタイトルの報告書を毎年、議会に提出している。だが、北朝鮮版は今回が初めてだ。それくらい北朝鮮問題を深刻に受け止めている証拠、と受け取っていい。

 報告書本文は国防総省のサイトに掲載されている。全部で26ページと短いので、興味がある人はぜひ、本文自体を読んでいただきたい。ついでに言うと、英語もそう難しくないし、きれいな文章なので英語の勉強がてらに読むのもいいだろう。

●"MILITARY AND SECURITY DEVELOPMENTS INVOLVING THE DEMOCRATIC PEOPLE'S REPUBLIC OF KOREA"
(Annual Report to Congress, Office of the Secretary of Defense)

 だからというわけではないが、中身の概略をそのまま紹介するのはやめて(わずか1ページの「Executive Summary」がちゃんと付いている)、私が面白いと思ったところ、かつ、たぶん読者が疑問に抱いていそうな部分を選んで紹介したい。

北朝鮮の本気度はペンタゴンにも「分からない」

 まず冒頭の「北朝鮮はどこまで本気なのか」という問題だ。これまで北朝鮮は韓国の哨戒艦「天安」を撃沈したり、延坪島に砲撃したりした。今回の危機でも「撃つぞ、撃つぞ」というポーズを示したが、現在に至るまで撃っていない。ということは、やっぱり脅しだけなのか。報告書はこう書いている。

 「北朝鮮は韓国や米国から圧倒的な反撃を受けて、政権の生き残りが危うくなるような規模では、攻撃を仕掛けてこないだろう。だが、北がそういう振る舞いの臨界点をどうやって計算しているのかといえば、我々は分からない」

 「小規模の攻撃や挑発行動が大規模な衝突に発展してしまうような計算ミスを犯す可能性も残っている」

 国防総省といえども、北がどこまで突っ込んでしまうか、分からないのだ。ここを読んで「やっぱり、そうか」と私は思った。国防総省はそんじょそこらの専門家とは訳がちがう。世界最高の軍事・諜報能力をもった組織である。そのペンタゴンが「分からない」というのだから、これは「分からない」のだろう。

 では、次に「本当に米国を攻撃する能力があるのか」である。これについては、こう評価している。

 「北朝鮮は、もしも核弾頭を積んで飛ばせる大陸間弾道ミサイル(ICBM)としてセットされれば、アメリカ大陸の一部に届くテポドン2の開発を続けている。しかし、宇宙に向けて発射するミサイル(SLV)は、まだ(大気圏に)再突入する運搬手段(RV)を試していない。運搬手段なしでは、ICBMから核弾頭を発射できない」

 たしかに昨年12月、ICBMにつながるミサイル実験には成功したが、それだけでは核ミサイルにはならない、というのだ。つまり、北朝鮮が本当に米国大陸を狙って攻撃するには、まだまだ技術が足りない。時間は残されている。

 そもそも「北朝鮮は国が困窮しているのに、なぜ核ミサイルの開発に精力を注ぐのか」。これについては、こう分析した。北は1960年代、70年代までは韓国と肩を並べるくらいの経済力を誇り、朝鮮半島の統一も自分たちの思うような条件で実現できる可能性があると考えていた。

 ところが、いまや「国力について他の要素が衰えた結果、国の安全保障は軍事力以外に頼るものがなくなってしまった」「北朝鮮は国際社会で対等で正統なプレーヤーとして認められたい。そして核保有国として認められることで、西側社会との外交関係を正常化し、経済回復と繁栄につなげたい」というのが戦略目標であるという。もっとも後者については、目下「可能性が低い」とみているのだが。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら