1990年代の韓国の受験体験。限界まで勉強した経験は大人になって役に立つのか?
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol013 読書ノートより

■読書ノート No.34

「中華世界 その求心力と遠心力」 『朝日新聞グローブ』 2013年4月7日

 朝日新聞グローブは、インテリジェンスの観点からも重要なメデイアだ。今後、中国の民族問題が一層深刻になるが、「中華民族」という概念がはらむ問題点について、「民族復興と中華世界」という解説記事で五十嵐倫義記者が的確な指摘をしている。

そもそも「中華民族」は、近代に登場した概念で、強い政治性を帯びている。辛亥革命で満州族支配の清朝を倒した後、中国の人口の大半を占める漢族は、広い国土を維持するためにも、多民族による国づくりを掲げた。日中戦争の中で、諸民族を「中華民族」としてひとくくりにする動きが強まる。中華人民共和国の建国後も同じ流れが続き、現政権は、当局が認定した55の少数民族と漢族をあわせて、「中華民族」と呼んでいる。・・・・・以下略

このテーマについて深く知るための「連読」3冊
・アントニー・D・スミス(高柳先男訳) 『ナショナリズムの生命力』 晶文社 1998年
・渡辺利夫/朱建栄/寺島実郎 『大中華圏――その実像と虚像』 岩波書店 2004年
・Sergei A. Arutyunov, Narody i kurjtury: razvitie i vzaimodeistvie, M.: Nauka, 1989(セルゲイ・A・アルチューノフ 『民族と文化――発展と相互作用』 モスクワ、ナウカ出版所、1989年)
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら