雑誌
コレって妥当? それとも理不尽?
クルマ界なんでそうなるの?

「なんでそうなるの?」。元コント55号(右写真)の萩本欽一氏ならずとも、そう叫びたくなる事象が数多く存在する、陰謀&策略渦巻く(?)自動車界。

 ここではそんな「なんで?」を取り扱い、現状の把握と原因の究明を試みる。法律の壁? メーカーの戦略? それともフリーメイソンの仕業? いやいやもっと深い闇に足を踏みこんじゃうかも?

 なんせ陰謀&策略渦巻く自動車界、真の解答にたどり着くには、相応の覚悟が必要だ。

 というわけで、担当ひとりじゃ怖いから、みんなで言いましょう、大きな声で。だから「なんでそうなるの?」。ハイ、よくできました

Q1 7代目コルベット、日本では
スティングレーの名は使えない?

どう、このカッコよさ? やっぱり「スティングレー」っていう名前が必要な気がして、しようがないんだよなぁ……

現状

 先のデトロイトショーで姿を見せた7代目コルベット。ご覧のとおりのハンサムぶりだが、37年ぶりに「スティングレー」の名が復活するというのも大きなトピック。が、あろうことか、日本ではそのスティングレーの名は使わないという。なんで?

なんでそうなるの?

「日本ではスティングレーの名は使いません」。これが疑問を直接ぶつけてみたGMジャパンの回答であり、これ以上のことは一切語ってくれなかった。えぇ? 日本のコルベットファンだって、絶対「スティングレー」復活を望んでるよ? っていうか対応、冷たすぎない?

 で、この名称問題。どうも日本の某メーカーの某モデルが関係しているもよう。要はソッチでスティングレーの名を使ってるから、日本での7代目コルベットはこれまで同様、コルベットのみの車名で販売されるということのようだ。

 う~む、かつては提携関係にあった仲なのになぁ……。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら