[BCリーグ]
信濃・岡本哲司監督「チーム力アップにつながる若手の成長」

 BCリーグが開幕して、約1カ月が経とうとしています。現在、信濃グランセローズは6勝5敗と1つ勝ち越している状態です。若く、新加入の選手が多い中、どう戦力化していくかが課題のひとつだったわけですが、少しずつ戦力として機能し始めているという手応えを感じています。

 特に力をつけてきたのが、仁藤敬大(常葉学園高-専修大)、ダイチ(東海大学附属相模高)、涼賢(長野日大高)、宮澤和希(東海大三高)の若手野手4人です。とはいえ、まだ安定した戦力にはなりきってはいないというのが現状で、打順も固定はしていません。

 例えば、一度は練習生となった涼賢は、開幕直前に選手契約をし、「8番・セカンド」で開幕スタメンを果たしました。もともと足の速い選手で、2試合続けてヒットを放つなど結果も出ていたことから、3試合目には2番、4試合目からは1番に打順を上げました。ところが、途端にヒットが出なくなってしまったのです。1、2番に入った4試合で内野安打2本。これは明らかにメンタルの問題です。

 涼賢に限らず、他の若手にも言えることですが、「チームに貢献しよう」「結果を出そう」という気持ちが、プレッシャーや焦りとなっているのです。彼らが一生懸命やろうとしていることは、もちろんわかっています。でも、彼らはまだ実戦からいろいろなことを学び、復習し、自分の力にしていくという段階。ですから、まずは自分自身のことに専念すればいいのです。彼らにとっては、スタートしたばかり。まさに、これからが勝負となります。ファンの皆さんにも、ぜひ彼らが今後、どのように成長していくのか、楽しみにしてほしいと思います。