[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「ピッチャーは打たれろ!」

レベルアップしたエース山口

 ゴールデンウィークの連戦を終えて10勝4敗2分けの首位。いいシーズンのスタートを切れました。昨季、連覇を逃した悔しさを主力選手が持ってオフから取り組んできたことが、結果につながっているのでしょう。投打がかみ合い、しっかりとしたゲームができています。

 ピッチャー陣では山口直紘が4勝1敗、防御率1.30とエースらしい働きをみせています。昨季、1年目で10勝をあげ、彼にとっては今季が勝負のシーズンです。本人もその自覚は十分で、オフには約10キロの増量に成功しています。その分、球持ちがよくなり、キレも増しました。ストレートの球速も常時140キロ台が出るようになっています。

 明らかに一段階レベルは上がっているだけに、チームの中心として昨季以上の結果が求められます。常に試合をつくり、成績を残してNPBのスカウトにアピールしてほしいものです。

 一方、もうひとりの柱として考えていた岩根成海は、1勝2敗、防御率3.21。いい時と悪い時がオセロのように交互に出ており、安定感が不足しています。その原因は勝たなければいけないという気持ちが空回りしているから。いい時は問題ないのですが、少しでも悪くなるとマウンド上で焦りが生じています。

 プロとして成功するには、悪い時にどうやってバッターを抑えるかが重要になります。いい時は誰でも抑えて当たり前です。そうではない時に、いかにゲームをつくるか。この方法をみつけることが岩根の課題です。

 僕は現役時代、苦しい時にはまずストライクをとれるボールを投げることを考えていました。また、そういった自信のあるボールを日頃から磨いていたものです。岩根にもストライクをきちんととれる球種がストレート以外にもあるだけに、ちょっともったいなく感じています。5日の福岡ソフトバンク(3軍)戦は、8回1失点で今季初勝利をあげました。これをきっかけに波に乗ってほしいものです。