[MLB]
杉浦大介「“意外な”好スタート、ヤンキースは勝ち続けられるか」

故障者続出でも4月で貯金6

すっかり右のエースとして確立した黒田の1年を通じた活躍も必須だ。Photo By Kotaro Ohashi

 4月最後となった30日のアストロズ戦は、今季ここまでのヤンキースの足取りを象徴するかのようなゲームだった。先発した黒田博樹は立ち上がりは制球に苦しみ、3回までに67球を投げる厳しい内容。毎回のように得点圏に走者を背負う投球を観る限り、長く辛い夜になってしまうかと思われた。

 しかし、4回以降は立ち直った黒田は、結局は7回無失点で今季4勝目(1敗、防御率2.25)。打線もイチローの3安打、トラビス・ハフナーの3安打3打点の活躍などで合計15安打を放ち、効果的に援護点を挙げていった。

「月の終わりは、きれいに締めくくりたいものだし、良いベースボールをプレーし続けたい。それらの重要なことを果たせてうれしく思う」

 ジョー・ジラルディ監督のそんな言葉通り、ここで、また1勝を加え、ヤンキースは4月を16勝10敗という好成績で終了。最初の5戦で4敗と苦しいスタートを切った際はどうなるかと思われたが、7日以降は15勝6敗と建て直したのはさすがだった。

ジーターの復帰遅れはチームに大打撃かと思われたが……。Photo By Kotaro Ohashi

 デレク・ジーター、アレックス・ロドリゲス、カーティス・グランダーソン、マーク・テシェイラといった重鎮たちを欠いたヤンキースが、今季は苦戦するだろうと考えたメディア、ファンは少なくなかった。

 筆者もその中のひとりであることを否定しない。特にチームの顔であり続けてきたジーターの左足首の回復が遅れてしまったショックを考えれば(新たに亀裂骨折が見つかり、復帰はオールスター前後の見込み)、開幕前の予想以上に低迷していても不思議はなかった。