[プロレス]
近藤隆夫「人気回復への大きなヒント」

面白くなかった久々の生観戦

 先日、付き合いの長い友人に誘われて久しぶりに、ある団体のプロレス興行に足を運んだ。CSチャンネルでプロレスを見ることは時々ある。だが、会場で観るのは久しぶりだった。

 終わった後、私を誘ってくれた友人と一緒に酒を呑む。彼は、そのプロレス団体の関係者で、私が『週刊ゴング』の記者だった頃から、もう25年以上の付き合いだ。

「どうでしたか? うちのプロレスは……」

 そう尋ねられて何と答えたらいいか、私は少し迷った。だが、気心の知れた相手だ。ごまかしても仕方がない。正直な感想を口にした。

「何もない。面白くなかったよ」

 そう言うと彼は、「そうですか」と苦笑いを浮かべていた。呑みながら、「どうすればプロレス人気が戻るのか」との話になる。

 プロレス人気が下降したのは、1993年にUFC(当時はアルティメット大会と呼ばれた)が登場してからだと言われている。このUFC、つまりは総合格闘技が始まったことにより、プロレスはリアルファイトではなく、あらかじめ勝敗を決めた上で行われる肉体演劇であることが広く知られるようになったからだ、と。

 70年代、80年代、私がまだ子供だった頃は、皆、プロレスに熱いまなざしを向けることができた。「真剣勝負ではないのではないか?」という疑念を心の片隅に抱きながらも、「八百長なんか見て面白いのかよ」と周囲から言われると、必死になってプロレスを擁護したものだ。

 テレビ中継のある金曜8時からの1時間、私たちはカラダ中が熱くなる感覚を持つことができた。それは至福の時間だった。