[プロ野球]
上田哲之「巨人打線を抑えた投球」

 やはりと言うべきか予想通りと言うべきか、セ・リーグでは読売ジャイアンツが首位に立っている。早い話が、案の定、巨人が独走しそうだ、ということですね。まぁ、他の5球団と戦力を比較すれば、当然の帰結ということになるのかもしれない。しかし、世の中はそういう常識だけで動いているわけではない……と思いたい。

 例えば、4月21日の巨人-広島戦。この日、広島の先発は中村恭平。と言っても、ご存知ない方も多かろう。富士大からドラフト2位で入団した3年目の左腕である。この時点でプロ未勝利。対する巨人の先発は内海哲也。常識的には、勝敗はやる前からわかっているようなものだが、あらかじめ、この試合の“非常識な”結果を記しておこう。延長11回、5-4で広島のサヨナラ勝ち。

 この試合、中村の投球には、なかなか示唆的なものがあった。例えば4回表、2死一、二塁の場面である。打者は長野久義。このくらいのピンチを招くのは仕方ないとして、さてその投球。
①外角低目 カットボール系ストレート ストライク
②外角高目 ストレート ボール
③低目ワンバウンドになるボール
④内角低目 カーブ(スライダー?) 空振り
⑤内角低目 沈むストレート系 三塁ゴロ

 初球はストレートといってもいいのだろうけれど、おそらく、右打者の外角ボールのコースから最後に少しだけカット気味にストライクゾーンに入ってくるボールなのだろう。メジャーリーグで言う、いわゆる「バック・ドア」である。で、3球目はおそらく(「おそらく」ばかりで恐縮ですが)フォークあるいはスプリットの投げそこない。打ち取った5球目も、もしかしたら、フォークなのではあるまいか。あるいはいわゆるツーシームの握りで、ちょっとカット気味に抜いたとか(テレビの画像から推測しているので、違っていたら、すみません)。ただ、言えることがある。初球の「バック・ドア」にしろ、ツーシームのストレート系にしろ、ここには、昨今のメジャーの発想が移入されている、ということである。